吉村知事 野党枠組み離脱の国民民主に「考え方近い」合流は否定 立民ら手法に「国民辟易」

拡大画像を見る

 大阪府の吉村洋文知事が5日、大阪市内で会見。衆院選で躍進した日本維新の会の副代表も務める吉村知事は、国民民主党が、これまで参加していた野党国対委員長会談の枠組みから離脱し、立憲民主党・共産党などと一線を画して独自路線を目指すことについて見解を聞かれた。

 これに対し、吉村知事は「個々の政策、法案を国民民主党と共同してできるものはしていきたいと思う。立憲民主とか共産党よりは考え方も近い」と話した上で、「統一会派を組むとか同じ政党になるとかはまったくないが、この政策、法案を実現しようというときには国民民主の皆さんに僕らからお願いすることもあるかもしれないし、お願いを受けたら一緒にやるということは積極的にやっていきたい」と続けた。

 野党連携から離れた国民民主の判断については「国民民主党の判断。国民民主の皆さんも共産党中心の政治ではダメだろうと、官僚の皆さんをつるし上げて詰問したり、スキャンダルばかり追及するだとか、そういうことには国民は辟易(へきえき)としている。その路線から離脱して、現実的な野党として提案して行こうということだと思う。我々も同じような考え方なので、同じ方向を向けるものであれば協力したい」と考えを示した。

関連リンク

  • 11/5 17:17
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます