DIYにおすすめ!建設現場で余った木材を無償提供する「残材BANK」がスタート


奈良・京都南部を中心に注文住宅や不動産などを手掛ける楓工務店は、建設現場で出た廃材をSNSを通じて一般消費者に無償で提供する「残材BANK」のサービスを、11月から本格的に開始している。

建設現場で出た廃材を無償提供


建設現場では、建物自体を建てる際に使用する構造材とは別に、木材の切れ端や、僅かではあるが品質基準に満たなかった資材などが出てしまい、廃棄の対象となることがこれまで課題となっていた。そこで楓工務店では、コロナ禍でおうち時間の過ごし方として自宅でDIYをする人が増えている今、建設現場で余った廃材を無償提供することで、本来捨てられるはずものを必要な人のもとへ届け、建材の廃棄ロスにつなげたいとの想いから、「残材BANK」をスタートした。

9月のテストで好評


9月上旬には、テスト運用を兼ねて、楓工務店の倉庫に保管している21本の残材の無償提供を実施。


インスタグラムの投稿で希望者を募り、同社で家を建てたオーナーを含む3組が決定した。


「家の一部をセルフリノベーションしたい」「木材で子ども用のおもちゃを作りたい」など、用途は様々。5日間の申込期間を設けていたが、投稿初日に3組が決まってしまうなど非常に好評だったという。

今後は月1回のペースでインスタグラムにて募集をかけ、定期的に残材の提供を行っていく。

インスタグラムアカウントをチェック!

「残材BANK」では、建設現場で廃材が出た場合、建築主の許可を得て余った資材の画像、サイズや種類、本数などを専用インスタグラム「残材BANK supported by 楓工務店」に投稿。希望者にはインスタグラムのダイレクトメッセージで連絡もらい、日程などを調整して同社事務所にて引き渡すという仕組みとなっている。


車で引き取りに来ることが可能かつ積み込み作業も自身で行うことが条件で、引き渡し時に材木の加工をすることはできない。

SDGsの「陸の豊かさも守ろう」に通ずるもの、また楓工務店が掲げる“笑顔の創造”という理念に一致する地域貢献活動である「残材BANK」。興味のある人は利用してみて!

画像をもっと見る

  • 11/5 16:58
  • STRAIGHT PRESS

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます