「とんねるずのスポーツ王」で卓球・吉村が肋骨骨折 急きょ参加のレスリング体験で

拡大画像を見る

 テレビ朝日は5日、来春放送の「とんねるずのスポーツ王は俺だ!」で卓球の吉村真晴選手(28)が肋(ろっ)骨を骨折したと発表した。吉村選手は2016年リオデジャネイロ五輪の男子団体銀メダリスト。テレ朝への取材によると、収録は10月31日に同局内のスタジオで行われた。当初、予定のなかったレスリング競技に急きょ参加し、負傷した。全治8週間という。

 同局によると、吉村選手は当初、レスリング体験企画に参加する予定はなかったが、収録中、番組の流れの中で参加することに。広報部によると、「レスリングのようなうつぶせの状態から体を反転させる体験で負傷した」とした。

 吉村選手は、痛みを感じたものの収録には問題ないとし、最後まで収録に参加。収録後はそのまま帰宅し、翌日、病院でMRI検査を受けたところ、肋骨の骨折と診断された。全治について同局は「全治8週間と聞いております」と説明。

 「番組収録中に出演者がけがをした事実を重く受け止めております。吉村選手をはじめ関係者の皆様に心からお詫びするとともに、今後の治療等につきまして誠意をもって対応してまいりたいと考えております」とのコメントを発表した。

 吉村選手は、同じく卓球五輪メダリストでもある水谷隼選手らとバラエティー番組で企画する機会も多い。

関連リンク

  • 11/5 16:19
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます