映画『ハリー・ポッター』20周年記念 第1作目が初のIMAX(R)3D上映決定

拡大画像を見る

ワーナー ブラザース ジャパン合同会社は、2021年に映画『ハリー・ポッター』シリーズが20周年を迎えることを記念して、2021年11月19日(金)より『ハリー・ポッターと賢者の石』を初めてIMAX®3Dで上映する。



世界中で愛され、現在も人々を魅了し続けている、J.K.ローリングにより生み出されたファンタジー小説『ハリー・ポッター』シリーズ。1997年に第1作『ハリー・ポッターと賢者の石』が発売されてから瞬く間にベストセラーとなり、現在までに80言語に翻訳され、日本では1999年に初めて出版された。2001年には映画『ハリー・ポッターと賢者の石』、翌年に映画『ハリー・ポッターと秘密の部屋』が公開、その後、2011年までに全8作が製作され、大ヒットシリーズとなった。また現在は『ファンタスティック・ビースト』シリーズとして人々を魅了し続けている。


世代を超えて、今もなお、多くの人を魅了し続けている「ハリー・ポッター魔法ワールド」。2021年は映画シリーズ第1作目、『ハリー・ポッターと賢者の石』が 12月1日に公開されてから 20周年を迎えるメモリアルイヤーにあたる。


この記念すべき年のフィナーレを映画20周年の様々なアニバーサリー企画の一環として、『ハリー・ポッターと賢者の石』のIMAX®3D上映が飾る。『ハリー・ポッター』シリーズ第1作『ハリー・ポッターと賢者の石』は日本初のIMAX®上映となる。今回は3D版で、まるで作品世界に入り込んだような臨場感を最高に楽しめる体験ができる。(日本語吹替版での上映)上映期間は11月19日(金)から12月2日(木)までの期間限定となり、上映初日の11月19日(金)より先着数量限定入場者特典として【映画20周年オリジナルステッカー】の配布も決定している。



また20周年を記念して、11月26日(金)にリニューアルオープンをする丸の内ピカデリーでは12月1日(水)から12月29日(水)の期間、『ハリー・ポッター』シリーズ全8作と、最新作第3作となる『ファンタスティック・ビースト:ザ・シークレッツ・オブ・ダンブルドア(原題) / Fantastic Beasts: The Secrets of Dumbledore』の世界公開が2022年4月に決定している『ファンタスティック・ビースト』シリーズ2作を日替わりで一挙オープン特別上映(2D日本語吹替版)。2001年12月1日の初公開から20年。当時メイン劇場だった丸の内ピカデリーがこの度リニューアルされ、『ハリー・ポッター』の世界観をいち早く体験することができるようになる。


11月19日(金)からスタートする『ハリー・ポッターと賢者の石』日本初のIMAX®3D上映、丸の内ピカデリーでのシリーズ一挙上映が、ファンタスティックなハリー・ポッターイヤーのフィナーレを飾る。



■映画『ハリー・ポッターと賢者の石』IMAX®3D 日本語吹替版
11月19日(金)より全国の IMAX®劇場にて2週間限定公開(一部劇場を除く)
※上映劇場および上映スケジュールは事前に映画館HPをご確認ください
先着数量限定入場者特典【映画20周年オリジナルステッカー】配布
※ご入場お一人様につき1枚ずつの配布 ※なくなり次第終了


関連リンク

  • 11/5 16:27
  • dwango.jp news

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます