ホークアイ、“アベンジャーズを辞めたい男”が戦い続ける理由とは!?

拡大画像を見る

マーベル・スタジオが贈る、新たなオリジナルドラマシリーズ「ホークアイ」が11月24日(水)17時よりDisney+(ディズニープラス)独占で日米同時配信開始。

主人公となるホークアイは、アベンジャーズのオリジナルメンバーの1人であり、卓越した弓の技術を武器に敵と対峙する、スーパーパワーを持たないヒーローだ。何度もアベンジャーズの引退を試みてきたが、新たな脅威が世界を襲うたびアベンジャーズとして再び戦地に舞い戻ってきた。そんなホークアイを演じるジェレミー・レナーは、彼が戦い続ける理由は「正義感と家族への愛」であると語っている。

ホークアイ=クリント・バートンは、国際的な平和維持を目的とするS.H.I.E.L.D.のエージェントとして登場し、卓越した弓の技術や並外れた身体能力、そして鋭い判断力を武器に、数々の戦いで活躍してきた。また、妻と子どもたちをこよなく愛する父親としての顔も持ち、アベンジャーズとして世界を守るという使命と、家族を危険から遠ざけ平穏に暮らしたい思いの狭間で揺れ動く姿も描かれてきた。

本作では、『アベンジャーズ/エンドゲーム』の後、数年ぶりに家族との日々を過ごしていたホークアイが過去の自分にまつわる事件が起こったことにより、再び戦いに戻ることとなる。家族との平穏な日々を何よりも望み、家族のために一線を退きたいと考えているホークアイがそれでも戦い続ける理由とは一体何なのだろうか。

ホークアイを約10年演じ続けているジェレミー・レナーはその理由について、「もちろん、助けを必要とする人々や抑圧された人々を助け守るという、スーパーヒーローとしての正義感がひとつです。それに加えてホークアイ個人という視点で言えば、彼が最も他人に手を出させたくないのが、彼の家族です。それが彼の戦い続ける理由だと僕は思いますね」と語っている。人間味と正義感に溢れるホークアイは、“家族を守るため”にアベンジャーズを引退したいと何度も思いながらも、“家族を守るため”に戦い続けているのだ。

スーパーパワーを持たない人間でありながら正義感と人間味の溢れるヒーローとして活躍してきたホークアイは、自分にはできないことがあると自覚しているからこそ、できることを最大限活かすべく戦いに臨んできた。ジェレミーは「ホークアイはただの人間だし、欠点も出来ないこともあります。そしてそれがホークアイの最大の魅力でもあるのです。ホークアイの人間的な側面を演じられるというのが、僕がこの役をやりたいと思った一番の理由でした」と語り、ホークアイの持つ“人間くささ”に魅了されてホークアイとしてMCUに加入することを決めたと明かしている。

正義感と家族への愛を胸に戦い続けるホークアイは本作で、アベンジャーズに憧れる若き弓の名手ケイト・ビショップと共にニューヨークの街を襲う新たな脅威に挑むことになる。ホークアイは、「クリスマスまでに戻る」という家族との約束を守り、無事平和なクリスマスを迎えることができるのだろうか?

「ホークアイ」は11月24日(水)17時よりディズニープラスにて日米同時配信。



(text:cinemacafe.net)

関連リンク

  • 11/5 16:00
  • cinemacafe.net

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます