大和田美帆 祖母の死去を報告「なぜ2年連続…」母・岡江久美子さん重ね

拡大画像を見る

 女優の大和田美帆が4日、ブログを更新。祖母が亡くなったことを明かした。大和田は、俳優・大和田獏と、2020年に新型コロナウイルスによる肺炎で亡くなった岡江久美子さん(享年63)の娘。2年間で最愛の家族を2人失ったことに「なぜ2年連続、目に見えぬウイルスに大切な人との間を遮られなければならないのでしょう」などとつづった。

 亡くなったのは父・獏の母で、「11月1日に98歳と10ヶ月の人生を終え、永眠いたしました」と告白した。

 祖母は「常に自分のことよりも家族のことを想い 冗談をたくさん言ったりしてよく笑い チャーミングで周りを幸せにする人でした」という。今夏には父と自身の娘と会うことができ、低下していた血圧も戻ったというが、その後、「老衰のため」亡くなった。

 コロナがなければ「もっと会いに行けたし、刺激を与えられたし、もっと触れてあげられた」と悔やむ大和田。昨年亡くなった母・岡江さんをも思い「なぜ2年連続、目に見えぬウイルスに大切な人との間を遮られなければならないのでしょう」とつづった。

 続けて「そして私も父も、母のことで後悔がたくさん残っているので、祖母にだけは納得いくまで『ありがとう』を伝えました」という大和田。葬儀も済んだといい、「式の大切さに気づかされ、やはりどうしても、棺を選んだり骨壷も選べずお葬式をしてあげられなかった母のことが浮かんで涙が止まらなかったけれど 悲しまないで。という祖母の言葉通り 悲しまずに、ありがとうの気持ちで心をいっぱいにしました」と記した。

 最後に「実は今年、父の家の隣に引っ越しました」と明かし、「家族みんなで力を合わせ これからも祖母に与えられた命 母に与えられた命を大切に暮らしていきます。」と誓った。

関連リンク

  • 11/5 15:25
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます