「とんでもねぇ…」 手作りの目覚まし時計に、ゾッとした理由とは?

拡大画像を見る

あぁ、ずっと眠っていたい…。

学校や仕事の日、朝起きるとこのような気持ちになりませんか。

セットしていた目覚まし時計が鳴っても、停止スイッチを押してから二度寝し、寝坊…朝が弱い人にとっては、あるあるですよね。

マサハル電機 ツバサ(@7_62nato7_62)さんは、思わずゾッとする見た目と機能を持つ、目覚まし時計を作りました。

どういったものかというと…。

ヒェッ…!

10個をゆうに超える数多くのスイッチ、複雑に絡むコード…その見た目はまるで、犯罪や事件をテーマにした作品に登場する、時限爆弾のよう。

セットしていた時間にこれが鳴ったら、爆発するのではないかと、ドキドキしてしまいますね。

実際に、音を出してみた様子がこちらです。

や、やめてぇぇぇぇ…。

そう懇願したくなるほど、目覚まし時計からは大音量が!

これが鳴ったら、目を覚ますだけでなく、驚きのあまり跳び起きてしまいそうですね。

マサハル電機 ツバサさんが作った目覚まし時計に、「とんでもねぇ…。止めるのに疲れてまた寝そう」「朝弱いから、切実に欲しい」と多くの人が反応しました。

すでにたくさんのスイッチがあり、止めるのに苦労しそうなこの目覚まし時計。

ですが今後、5個のスイッチを追加し、なおかつ計算問題も解かないと止めることができないようにするのだとか。朝から、目も頭もさえるような目覚まし時計が生まれようとしています…!

[文・構成/grape編集部]

出典 @7_62nato7_62

関連リンク

  • 11/5 15:15
  • grape

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます