「影武者?」ボリス・ジョンソン首相にそっくりな前科210犯の男、再び逮捕される(英)

拡大画像を見る

英キングストン・アポン・ハル出身のジェイソン・ワトソン(Jason Watson、43)は9月28日、エイドリアン・アウティ(Adrian Awty、45)と共に地元のカフェのスタッフ控室に忍び込み、現金約19万6千円(1280ポンド)が入ったハンドバッグを盗み取った。またハンドバッグのほかにも鍵、銀行のカード、ヴィヴィアン・ウェストウッドのイヤリングなども盗み、被害総額は約35万円(2280ポンド)に及んでいた。

ジェイソンは犯行後に自宅にいるところを逮捕され、懲役10か月の有罪判決が下されており、ハンバーサイド警察が公開したマグショットに英メディアが注目、ジェイソンの犯罪歴なども明かされた。

それによると、ジェイソンは窃盗とそれとよく似た罪125件と強盗23件を含む“前科210犯”で、昨年1月10日から強盗罪で刑に服していたものの今年9月3日に釈放されていた。成人してからのほとんどは薬物に依存する生活を続けていたが、昨年初めからの約1年8か月に及ぶ刑務所暮らしで薬物使用をやめることに成功。しかし出所後に再び薬物に手を出し、今回の犯行に及んでいた。

注目されているジェイソンのマグショットは、薬物依存のせいで実年齢よりも老けて見えるせいか、14歳も年上のジョンソン英首相と同じくらいの年齢にも見えなくはない。またフサフサで少し乱れた金髪や垂れた目、特徴のある鼻の形もよく似ており、人々は次のようなコメントをあげた。

「似てる!」
「影武者か!」
「本物なのでは?」
「この記事を英首相が見たら、がっかりすると思う。」
「いや、意外に楽しんでしまうタイプかもね。」
「英首相の顔のほうがぽっちゃりしているよ。」
「どちらかというとテニス選手のボリス・ベッカーに似ているよ。」
「似ていない。髪の色が同じだけ。」
「2人が似ているかどうかなんてどうでもいい。前科210犯の男が懲役10か月で出所するのが怖い。」
「この男はずっと刑務所に入れておくべきだ。」

ちなみにインパクトのあるマグショットでは、頭に仏像を彷彿させるタトゥーをいれた男や、漫画のキャラクターのような変顔の男が話題となっていた。

画像は『The Sun 2021年11月3日付「THE CRIME MINISTER Boris Johnson lookalike is drug addict with staggering 210 convictions」』『The Mirror 2021年11月3日付「Boris Johnson ‘lookalike’ is career criminal with ‘appalling’ 210 convictions」(Image: Humberside Police)』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 A.C.)

関連リンク

  • 11/5 14:55
  • Techinsight japan

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます