「お散歩よ!」 耳が聞こえない犬を呼びに行く犬の姿に 「ハートがとろけた」

拡大画像を見る

アメリカのシカゴでブリジット・エバンスさんと暮らす、2匹のラブラドールレトリバー、リリーとキンリー。

2歳のリリーは、身体に障がいがあるブリジットさんの生活をサポートする介助犬です。

また、9歳のキンリーは子犬の頃から耳が聞こえません。

リリーは、そんなキンリーのことも支えているのです。

耳が聞こえない犬に「お散歩の時間よ!」。

ブリジットさんが、TikTokに投稿したある動画に反響が上がりました。

2匹を散歩に連れて行こうとした彼女が、リリーに向かって「散歩の時間よ。キンリーを連れて来てちょうだい」といいます。

するとリリーは…続きはこちらをご覧ください。

すぐにブリジットさんの言葉の意味を理解して、キンリーがいる部屋へ向かったリリー。

そして2匹は「やったー!お散歩だ!」というように、仲よくそろってハイテンションで戻ってきました。

実はこれは偶然ではなく、いつものこと。リリーは毎日、散歩の時間になると、こうしてキンリーを呼びに行くのです。

リリーはキンリーを呼ぶ時、自分の鼻を軽くぶつけて知らせるのだとか。

動画には、2匹の友情に感動した人たちからのコメントが寄せられています。

・仲よしの姉妹の姿に、ハートがとろけた。

・こんなかわいいシーン、今まで見たことないよ!

・ラブラドールレトリバーは、本当に賢くて優しい犬だよね。

ブリジットさんいわく、キンリーのガイド役を務めているリリーは、年上のキンリーから振る舞いなどを学んでいるのだそう。

サポートの形は違っても、2匹はお互いに助け合っているのですね。

誰もが誰かを支えることができる…ほほ笑ましいリリーとキンリーの姿から、そんなことを教えてもらった気がします。

[文・構成/grape編集部]

出典 lily_service_puplily_evans_service_pup

関連リンク

  • 11/5 13:55
  • grape

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます