田中みな実、松村沙友理ら現代を生きる女性たちのリアルな日常 『ずっと独身でいるつもり?』本編映像

拡大画像を見る

 フリーアナウンサー・女優の田中みな実が初主演を務める映画『ずっと独身でいるつもり?』より、2種の本編映像が解禁。田中演じる主人公と、それぞれ異なる環境に生きる3人の女性たちのリアルな日常を収めたものとなっている。

 おかざき真里(原案・雨宮まみ)の同名漫画を映画化する本作は、“女性の人生における幸せの価値を赤裸々に描いたエッセー”で一躍有名作家となった主人公・本田まみが、“自分にとっての幸せの形”を見つけだす姿を描く。監督は『おいしい家族』(2019)などのふくだももこ。

 10年前に執筆したエッセイから一躍有名作家となった本田まみ(田中)、36歳、独身。それに次ぐヒット作を書けず作家として迷走中にあるまみは、自身の年齢に対して事あるごとに周囲から「ずっと独身でいるつもり?」と心配されている。
 
 一方、まみが出演する配信番組をきっかけに交錯する女性たち。まみのエッセイを支えに自立した生き方を貫いてきたが、配信番組でのまみの発言に「空っぽになった」と感じ、失望する元ファンの由紀乃(市川実和子)。“なんちゃってイクメン”の夫への小さな不満を抱えながらインスタ主婦を続ける彩佳(徳永えり)。パパ活女子として生計をたてつつも、若さを失うことに怯える美穂(松村沙友理)。異なる生きづらさを抱える4人が踏み出した小さな一歩とは…。

 今回解禁されたのは、田中演じるまみとまみの元ファンの由紀乃(市川)のモーニングルーティンの様子を収めた<まみと由紀乃>と、港区女子の美穂(松村)とインスタ主婦の彩佳(徳永)の日常を収めた<美穂と彩佳>の2種の本編映像。

 <まみと由紀乃>は、由紀乃(市川)が大きな熊のぬいぐるみと眠るシーンからはじまる。だるそうに起き上がるベッドには、まみの著書「都会というサバンナで、ひとりで咲く花になろう」やPCなどが散乱。雑な朝支度をすませた由紀乃は、タバコをふかしながらツイッターで「メイクは虚無。私が男だったら、あと三十分は多く寝られるのに」とつぶやき、エゴサーチで自分のつぶやきが伸びていることに満足する。

 一方のまみ(田中)は、そんな由紀乃とは正反対に、整えられた鏡台で丁寧なスキンケアを行う。準備を終えるとツイッターでエゴサーチをはじめ、「本田まみ、からっぽになったな」などの自分に向けられた中傷めいたつぶやきを見て顔をゆがめる。

 <美穂と彩佳>は、美穂(松村)のブランドものにあふれた部屋からはじまる。足元には服とごみが散乱する中、美穂はスマホに向かって喋り続け、「売れるときに売ってこ」という辛辣な表現も飛び出す。そして、パパ活の報酬にもらったジルスチュアートの口紅を付けた自撮りを投稿してにっこり。さらに、インスタを通して彩佳(徳永)のアカウントへ辿り着き、見下した言動をとる。

 一方、丁寧な暮らし系インスタグラマーとしてフォロワーを多数抱え、一見充実して見える彩佳。しかし実際は、おむつ替えをおしつけるなど育児の“いいとこどり”をしようとする夫に対し、複雑な思いを抱える姿が映し出される。

 それぞれ環境は違っても、無傷ではいられない現代女性の姿をリアルに活写した本映像。彼女たちが踏み出す一歩の先を、スクリーンで見届けたい。

 映画『ずっと独身でいるつもり?』は、11月19日より全国公開。

関連リンク

  • 11/4 17:00
  • クランクイン!

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます