安達祐実、7年前より大きくなった!?「Dバスト」の熟れっぷりに騒然!

拡大画像を見る

 女優の安達祐実が、ワコールの肌着ブランド「une nana cool」のイメージモデルに起用され、そのコンセプトムービーが公開。男性視聴者を驚かせている。

「安達は芸歴37年になりましたが、こうしたインナー着用でのモデルは初。映像では私生活漂う写真を挟みながら、肌着のみを身に着けた彼女が登場するクールな仕上がりになっています」(エンタメ誌ライター)

 その動画では、最初は安達の顔のアップが映り、次第にカメラが引いてバストアップまで捉えるという流れになっているのだが、徐々に彼女の肌着姿が露わになるにつれ明らかになるバストの大きさに、男性視聴者は釘付けになったようだ。

「ネット上では、《こんなにデカかったのか!》《安達の場合、もちろん40歳には見えない顔とボディだけど、ここまでバストのボリュームがスゴいとは》《童顔と身長150センチぐらいに加え、この胸の大きさ!これはタマラん》など驚きと興奮の声が上がりまくっていますね。インナーで多少は整えられてはいるのでしょうが、確かに手のひらには収まらないほどのまん丸バストで、推定Dカップはあるのでは。彼女は14年の映画『花宵道中』でも大胆な演技を披露していますが、当時より間違いなくサイズアップしていますよ」(芸能ライター)

 安達は05年にスピードワゴンの井戸田淳と結婚し、翌年に第一子女児を出産するが、09年に離婚。14年にカメラマンと再婚後、16年に男児を出産している。

「今年で40歳、2度の出産を経験しているとは思えない若さは彼女のインスタからも伝わってきますが、今回、そのボディも完璧にキープされていることが判明しましたね。安達の場合、子役時代から知られていることから、熟れっぷりに驚いた人も多かったようです」(前出・芸能ライター)

 多くのファンが今回の仕事を受けてくれたことを感謝しているようだ。

関連リンク

  • 11/5 12:55
  • アサ芸プラス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます