映画『きのう何食べた?』、初日動員12万人超え 金髪ケンジのビジュアル解禁

 俳優の西島秀俊と内野聖陽がダブル主演する劇場版『きのう何食べた?』が11月3日、全国299 館にて公開され、初日だけで観客動員数12万人、興行収入1.6億円を超える大ヒットスタートを切った。これを記念し、公開まで隠し通してきたケンジ(内野)の金髪ビジュアルカットが解禁された。

 本作は、累計発行部数840万部(電子版含む)突破のよしながふみによる人気漫画を原作に、2019年4月期にテレビ東京系にて放送されたドラマの劇場版。料理上手できちょうめん・倹約家の弁護士・筧史朗(通称・シロさん)役の西島、その恋人で人当たりの良い美容師・矢吹賢二(通称・ケンジ)役の内野をはじめ、小日向大策役の山本耕史、小日向の恋人・ジルベールこと井上航役の磯村勇斗など、個性豊かな人気キャラクターたちがドラマ版に続き総出演。さらに、劇場版からの新キャストとして、SixTONESの松村北斗がケンジと同じ美容室に勤めるイケメン美容師・田渕として出演している。

 内野演じるケンジといえば、ふわふわで優しい印象を与えるパーマをあてた茶髪のイメージだったが、今回の劇場版では、その髪型が短い金髪に。原作10巻でとある理由で金髪になるケンジを再現するため、劇場版のケンジも大胆なイメージチェンジを行った。

 内野が「ケンジのいじらしさや心配かけたくないという優しさが、必死の“秘め事”になっていく…というプロセスが、シロさんの意外な嫉妬心を呼び覚ましたりしておかしいです」と話すように、このケンジの髪型をめぐって、劇場版ではちょっとしたすれ違いが巻き起こる。

 今回解禁となった場面カットは、暖かい日差しが差し込む屋外でシロさんをいとおしそうに見つめるケンジと、高級レストランでビシッと決めたケンジがサングラスをかけてシロさんをじっと見つめるシーンの2枚。髪型は変われど、二人の相思相愛ぶりが画面越しでも伝わってくる多幸感満載のスチールとなっている。

画像をもっと見る

関連リンク

  • 11/4 20:30
  • クランクイン!

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます