堤幸彦監督50作目は女優3人が集結『truth』本予告!ノースイースト国際映画祭に出品決定

拡大画像を見る

堤幸彦の監督作50作目にして創作の原点に立ち返り、3人の女優を迎えて自主制作映画として完成させた『truth ~姦しき弔いの果て~』が、2022年1月7日(金)より全国順次公開決定。女性たちの“戦い”を切り取った本予告映像が解禁された。




1988年に『バカヤロー!私、怒ってます「英語がなんだ」』で映画監督デビュー以来、メジャーレーベルで話題作を次々と生み出してきた堤幸彦。これまで一貫して“真実”に目を凝らし続けた堤監督が、本作の企画発起人であるプロデューサー兼主演3人と手を組み、監督作50作目にして原点に立ち返り、自主制作映画として完成させた本作は、主演3人のワンシチュエーション会話劇。「精子バンク」を題材に、愛を追う女性たちが本音むき出しで人間味を曝け出す喜劇作品となっている。

本予告は、コロナ禍で表現の場を失ってしまった本作の主演兼企画発起人の広山詞葉、福宮あやの、河野知美らが、現状打破しようと映画製作に踏み切ったきっかけ会話から始まる。「私たち映画創りたいんです!!」と3人が情熱のまま直々にオファー、その気概に応えた堤監督。文化庁による「文化芸術活動の継続支援事業」助成金を元に、予算約700万円&撮影2日間という低予算かつ物理的な制約の中、堤組が集結し製作がスタート。

マウント命の美貌の受付嬢、元ヤンのシングルマザー、謎多きセレブ医師。同じ男(忖度出演:佐藤二朗)を愛した3人の女性たちが、彼の葬儀の夜に鉢合わせ、己のプライドをめぐる壮絶な舌戦が繰り広げられるシーンが切り取られている。

さらに、本作はノースイースト国際映画祭に正式出品が決定。これまで堤監督は、ローマインターナショナルムービーアワード最優秀作品賞、ベルリンインディー映画祭特別賞、ウルバッティ国際映画祭女性映画最優秀作品賞、ゴールデンスパロウ国際映画祭審査員特別賞、モントリオールインディペンデント映画祭最優秀短編コメディ賞を受賞しており、海外映画祭6冠を目指す。ただただ姦(かしま)しいだけでなく、世界中を激震させたコロナ禍に生まれた本作に込められた女性たちのみならず人類の生きる強さを謳うメッセージは、国境を越え、世界各国に一石を投じ続けている。

『truth ~姦しき弔いの果て~』は2022年1月7日(金)より新宿シネマカリテほか全国にて順次公開。



(text:cinemacafe.net)


■関連作品:
truth 〜姦しき弔いの果て〜 2022年1月7日より新宿シネマカリテほか全国にて順次公開
©2021 映画「truth〜姦しき弔いの果て〜」パートナーズ

関連リンク

  • 11/5 11:45
  • cinemacafe.net

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます