合コンで「はりきり過ぎ」と思われてしまう行動9パターン

新しい出会いがある合コン。あまりに期待が大きいと、つい頑張り過ぎてしまうことも。でも、あまりにまわりの人とのテンションに差があると「はりきり過ぎ」と思われ、場を白けさせてしまうことにもなりかねません。では、一体どんな行動が「はりきり過ぎ」に当たるのでしょうか? 今回は、せっかくの楽しい合コンを失敗に終わらせないために、男性へのアンケートから「合コンで『はりきり過ぎ』と思われてしまう行動9パターン」を探ります。

【1】似合わない派手なメイクをしている。
いつもはナチュラルメイクの女性が派手なメイクをしていると、初対面の男性にも違和感が伝わってしまうようです。「ベタベタにグロスを塗っていたり、付けまつげでバチバチの目を見ると、何もそこまで・・・と思う」(20代男性)という意見からもわかるように、「キレイに見られたい」という強い思いが前面に出過ぎると、男性に引かれてしまうのだと考えられます。女性として、男性からキレイだと思われたいのは当たり前。でも、男性はナチュラルメイク好きが多いとも聞きます。完全武装でキメるより、少しは隙を見せた方が、男性も話しかけやすいかもしれません。

【2】フワフワの巻き髪スタイルで過剰に女らしさを強調する。
フワフワの巻き髪は、コンサバ女子の定番スタイル。これは、ときに過剰に女らしさを強調してしまうようです。「巻き髪だと、いかにも男を意識して可愛い女ぶってる感じ」(20代男性)などの意見が集まりました。どうやら、男ウケがいいとされるコンサバスタイルを極め過ぎると、逆に媚が感じられるようです。合コンで男ウケを気にするのは当然ですが、あまり自分を作りこまず、自然体で出かけた方が、男性陣もリラックスできるかもしれません。

【3】目のやり場に困るくらい服装がセクシー。
服の胸元が大胆に開いていたり、下着が見えそうなほど短いスカートをはいていたりすると、男性から「はりきり過ぎ」と思われてしまう可能性があります。「やたらとセクシーだと、食われそうでちょっと引く(苦笑)」(10代男性)という声もあるように、「女」を武器に迫られていると感じるのでしょう。ミニスカートやショートパンツは流行のオシャレですが、男性には誤解されてしまう場合も。合コンでは控えた方が無難でしょう。

【4】不自然なほどボディータッチが多い。
あまりにボディータッチが多いと、男性に「はりきってるなぁ」と引かれてしまう恐れがあります。「初対面なのにベタベタ触られると、狙われてる!?って構えちゃいます」(10代男性)という意見もあり、まだ親しくなっていない段階で何度もボディータッチを繰り返すと、女性からの好意を感じ取った男性が、怖がる場合もあるようです。特に太ももや手を触るのがマズいよう。ボディータッチはほどほどに、もし触る場合は背中や腕などに「ツッコミ」程度にしてはどうでしょうか。

【5】やたらと熱心に相槌を打つ。
自分の話にタイミングよく相槌を打ってもらえると、話しやすいもの。でも、あまり熱心に「うんうん」「それでそれで?」と相槌を打たれると、「そんなに面白い話でもないのに、逆にプレッシャー・・・」(10代男性)と感じる男性もいるようです。熱心な相槌を打っているつもりが、話に食いついているような印象を与え、男性を緊張させてしまうのだと考えられます。「ちゃんと聞いているよ」ということを伝えたいなら、相槌は頷く程度にして、ジッと目を見て話を聞いた方が効果的かもしれません。

【6】笑いをとろうとギャグを連発する。
笑いをとろうと流行りのギャグを連発するのは、控えた方がいいかもしれません。「盛り上げてくれるのは嬉しいけど、女の子がそこまで頑張らなくても・・・」(20代男性)という意見もあるように、「盛り上げなきゃ!!」という女性の頑張りが、男性からは痛々しく見えるのだと考えられます。せっかく場が盛り上がっても、「イタい子」と思われてしまったら、恋への発展は望めません。場を盛り上げたい場合は、ゲームなどを提案してはどうでしょうか。

【7】すべての食べ物を自分が取り分けようとする。
合コンで食べ物を取り分けたり、男性の飲み物を気にしてあげるのは、一般的に女性の役目。「気遣いのできる女」アピールにもなるので、普段以上に気を使う人も多いでしょう。ですが、「取り分け係を『私がやる!』と女子同士で奪い合っている光景は悲惨」(20代男性)という声もあり、あまり必死になるのは考えもの。女子力の高さをアピールしたいのが見え見えで、男性も素直に好感を抱きづらいのだと考えられます。見え見えのアピールよりは、アイロン掛けされたハンカチを貸す程度のさりげない気遣いの方が好感度は高いでしょう。

【8】付き合うと自分がどんなに尽くす女かアピールする。
自分がどんなに尽くす女かアピールしても、男性にはあまり響かないようです。「尽くしてくれる子は好きだけど、それを合コンで語られても・・・」(20代男性)という意見もあるように、自分から「尽くします」と言ったところで、真実味が感じられません。また、「そうまでして気に入られたいのか?」と引かれてしまう恐れも。尽くすタイプかどうかは、行動をよく見ればわかるもの。語るより、男性のジャケットをハンガーにかけてあげるなどの行動で表しましょう。

【9】学歴、職歴など、男性のプロフィールに関する質問ばかりする。
学歴や職歴、収入など、男性のプロフィールに関する質問ばかりする女性は、男性からの印象があまりよくないようです。「なんか面接みたい・・・」(20代男性)という意見もあるように、その人の本質より肩書きを重視しているように思われてしまうのだと考えられます。ステキな男性に出会ったら、その人のことをもっとよく知りたいと思うのが女ゴコロ。ですが、初対面からプロフィール調査のようなことをするのはやめて、まずは趣味や特技など、その人の本質に近いことから聞き出してみてはどうでしょうか。

せっかく楽しい合コンなのに、「はりきり過ぎ」と思われてしまうのはちょっと残念。ほかにも「女性のこんな行動がはりきり過ぎ!」というご意見があれば、ぜひ教えてください。みなさんからのご意見をお待ちしています。(大高志帆)

画像をもっと見る

関連リンク

  • 11/5 9:00
  • オトメスゴレン

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます