「元カレ?今も友達だよ」とわざわざアピールする彼女の真意9パターン

自分の彼女から元カレと今も交流があると告げられたら、過去のこととはわかっていても、穏やかな気持ちではいられなくなってしまうもの。女性が彼氏に「元カレとの友達づきあい」を強調する背景には、どんなねらいが隠されているのでしょうか。そこで今回は、10代から20代の独身女性に聞いたアンケートを参考に「『元カレ?今も友達だよ』とわざわざアピールする彼女の真意」を紹介します。

【1】彼氏がどんな反応をするか探りたい
「元カレと今も接点があるのは事実だから、とりあえず『ただの友達だよ』と強調して様子を見る」(10代女性)というように、元カレの話題へのリアクションを試すパターンです。がっついて問いただしたりせず、さらっと聞き流して大人な自分を演出したいところです。

【2】彼氏に焼きもちを妬かせたい
「妬いてくれないのが物足りなくて、元カレを引き合いに出すことはある」(20代女性)というように、自分を構ってくれない彼氏を嫉妬させたくて、わざと元カレの話をする人もいます。たまには、「ホントに友達?」などとジェラシーを匂わせてあげたほうがいいのかもしれません。

【3】彼氏に足りないところをさりげなく教えたい
「元カレにはこんな魅力があるから、まだ友達なんだ、と暗に伝えたくて」(10代女性)というように、元カレをダシにして、現在の彼氏に、何らかの改善を求めている可能性もあります。「時間にルーズじゃないから信用できるんだよね」などと元カレを褒めている場合は、わが身を振り返ったほうがいいでしょう。

【4】「今は何も未練がないからね!」と強調したい
「ヨリを戻したいと本気で思ってたら、わざわざ触れることはないから」(10代女性)というように、割り切っているからこそ話題に出すケースです。嫉妬深い男性を安心させる意図があるかもしれないので、必要以上に食いつくのはご法度でしょう。

【5】「サバサバした付き合いができる女」だとさりげなく示したい
「恋愛関係が終わった相手でも、人間として魅力があったら付き合う主義なので」(20代女性)というように、元カレとの関係を例に挙げて「自分のスタイル」を主張したがる女性もいます。復縁をねらっているわけではなさそうなら、適当に感心してあげるのが無難でしょう。

【6】「あなたが最優先だから!」とアピールしたい
「嫉妬させたいなら、わざわざ『友達』とは言わない。あくまで彼氏ありきだから」(10代女性)というように、元カレの存在を「降格」させることで、現在の彼氏への愛情を示すパターンです。けなげな心情を察したら、「分かってるよ」と答えてそっと抱きしめてあげましょう。

【7】倦怠期の関係にちょっとした刺激を与えたい
「友達とはいえ引き合いに出すなんて、『もっと構って』と言ってるようなもの」(10代女性)というように、二人の間にドキドキした緊張感をもたらそうとしているパターンです。「どこがいいんだよー?」などと、真顔で返してあげたら、彼女もまんざらではない気になるかもしれません。

【8】「元カノとはどうなの?」と彼氏のほうの身辺を探りたい
「『俺は元カノと友達関係を続けることはない』という言葉を引き出したい」(10代女性)というように、むしろあなたに対して、元カノをどう思っているのか聞きだそうとしている可能性もあります。この場合は、「自分だったら元カノと友達になることないかも」と答えるのが正解でしょう。

【9】彼氏が束縛する男かどうか試したい
「『友達かもしれないけど、あまり会ってほしくないな』とか言われたら引くかも」(20代女性)というように、元カレとの交流を知ってどう反応するかで彼氏のオトナ度を試す女性もいます。嫉妬するかどうかはさておき、彼女の行動を縛るのは避けたほうがよいでしょう。

「友達関係」を強調されたとしても、元カレの話題は愉快なものではないでしょう。彼女の真意がどうあれ、冷静に対応したいものです。(佐々木正孝)

画像をもっと見る

関連リンク

  • 11/5 8:00
  • スゴレン

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます