「SUPER RICH」第4話、過去を乗り越え衛に告白する“空”を演じた町田啓太に「釘付け」など絶賛の声

拡大画像を見る

江口のりこ主演「SUPER RICH」の第4話が11月4日オンエア。自らの苦しい過去と向き合い乗り越え、さらに衛に告白する空…彼を演じる町田啓太の演技に絶賛の声が上がるとともに、次回予告でみせた赤楚衛二演じる優の“脱子犬”化も注目を集めている。

裕福な家に生まれ、お金に困ったことはないが、愛に飢えた人生を過ごしてきたベンチャー起業家のジェットコースターのような波瀾万丈な半生と、彼女の苦悩を抱えながらも日々をひたむきに生きる心情を、完全オリジナルストーリーで描き出す本作。

ビジネスパートナーに資金を持ち逃げされた衛を江口さんが演じるほか、衛がCEOを務める「スリースターブックス」の社員になった春野優に赤楚さん。かつて衛に救われ今は「スリースターブックス」の人事責任者をしている宮村空に町田さん。

衛を支える「スリースターブックス」の財務責任者・今吉零子に中村ゆり。技術部門を取り仕切る東海林達也に矢本悠馬。マーケティングを担当する鮫島彩に菅野莉央。編集部の若手社員、鬼頭流星に嘉島陸。インターンの田中リリカに志田未来。豪徳尊に板垣瑞生。高橋みゆに野々村はなの。衛と二人三脚で会社を立ち上げたが、資金を持ち逃げした一ノ瀬亮に戸次重幸といったキャストも共演。

※以下ネタバレを含む表現があります。ご注意ください。

今回は空が飲料メーカーの企画への参画を提案。飲料メーカーのペットボトルのラベルに漫画を掲載するというアイデアで、衛は空とコンペの説明会に参加するが、説明会に前職の上司が現れると、空は急に顔色を変え席を外す。空はその上司から酷い言葉を浴びせられ、土下座を強要されたり、裸にさせられるなどパワハラを受けていた。

その後「スリースターブックス」に対する中傷メールが送り付けられる事件が発生。元上司が嫌がらせをしているのでは? と、彼のもとに乗り込む空だが、再び強い口調で謝罪を要求される。そこに衛が現れ空を叱咤激励。空も冷静さを取り戻し、彼に向き合う。その後空は衛に「好きです。ずっと好きでした」と告白。それを聞いていた優も“衛が空のものになるのは嫌だ”と、衛に告白する…というのが4話のストーリー。

パワハラを受けていた回想シーンから、過去の記憶が蘇り表情がこわばり手が震える姿。また告白しようとしたところを優に邪魔されたときの苦々しい表情。衛をしっかり見つめての告白から、ラストでみせた東海林との和解の際の笑顔…様々な姿をみせた空。そんな空を演じた町田さんの演技に「ジェットコースターのように様々に変わる空さんの表情に釘付けでした。」「空さんの追い込まれた表情も切ない告白も、真に迫って心が震える」「役の咀嚼、この言葉を言われてどう思うか、どんな気持ちがでてくるか、かなり咀嚼して、考えて、自分の演技にしてる」など絶賛の声が上がる。

一方、空に対抗(?)して自らも衛に告白した優だが、こちらの告白にも「今回も子犬感満載」「空の告白にはテンションめっちゃ上がって観ながらキャッキャ騒いでた」などの感想が。ところが次回予告では物語が1年後に舞台を移し、凛々しく成長した優の姿が。

「来週1年後?!優くん脱子犬化しちゃってるじゃん」「1年後の優くんめちゃくちゃ大人っぽいんですけど!!!」「優くん脱子犬化した後カッコ良すぎ」「予告!なにあのかっこよくなりすぎてる優くん!!もう脱子犬化するのかな!?」と、次回からの“第2章”にも大きな注目が集まっている模様だ。



(笠緒)

関連リンク

  • 11/5 7:30
  • cinemacafe.net

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます