三浦春馬さんの伝説舞台『キンキーブーツ』の続演決定!引き継ぐ城田優の「株上がりまくり」

拡大画像を見る

 11月4日、2022年秋にブロードウェイミュージカル『キンキーブーツ』が日本で再演されることが発表された。『キンキーブーツ』は16・19年に日本で上演されており、今回が3度目。

 今回、俳優の城田優(35)が“ドラァグクイーンのローラ”を演じることが明らかとなった。ローラ役は、昨年7月に急逝した三浦春馬さん(享年30)が熱演してきたことで知られている。

 公式サイトでは、

《多くのご声援をいただいた2019年の再演の後、私たちは3度目の公演にむけて動き出しておりましたが、昨年私たちは大きな存在を失い、一時は公演を断念することも考えました。》

 と、改めて三浦さんを偲び、

《しかしながら、これまで日本のキンキーブーツを牽引してくれた三浦春馬さんの思い出と、彼がこの作品に捧げてくれた愛情とともに、私たちは「日本にはキンキーブーツが必要だ」という強い想いのもと、2022年の再再演の歩みを止めないことを決意いたしました。

 ローラには、今回城田優さんがオーディションに参加してくださり、これまで共に歩んできたブロードウェイチームも城田さんのオーディションムービーを見て、彼のローラでいきましょうと、すぐに連絡をくれました。》

 と、つづられている。

「『キンキーブーツ』は、“舞台俳優の三浦春馬”にとって最高傑作と呼んでも過言ではない作品の1つでした。三浦さんは半年かけて美しい筋肉の鎧を作り上げて、しかも15センチはあるハイヒールを履きこなすために、家で掃除機をかけるときもハイヒールを履いていたそうです」(専門誌記者)

■三浦さんの「再演したい」を継ぐ形に

 三浦さん本人にとっても非常に思い入れの強い舞台だったようで、18年11月13日号の『週刊女性』(主婦と生活社)のインタビューでは、

「13年にブロードウェイで『キンキー・ブーツ』を見させていただき、“日本で公演するようなチャンスがあるんだったら、オーディションを受けてローラ役をぜひ勝ち取りたいって思ったんです。そこから本当に経験することができて、素晴らしい力を持った作品なので上演したときのお客様の反応がすこぶるよかったから忘れられないですね」

 としたうえ、当時19年に控えていた『キンキーブーツ』の再演と主演舞台だった『罪と罰』について、

「初演が幕を閉じた瞬間から、再演するつもりでいましたからね。その思いはずっと心にあったので、レベルの上がった個人のポテンシャルを披露できるように頑張っていくつもりですし、もうすでに自信はあります。だって引き続き歌は練習してますもん(笑)。その前に、まずは『罪と罰』の準備にかからないと」

 と語っていた。城田は、役だけでなくそんな三浦さんの思いも引き継ぐことになる。

「城田さんと三浦さんは、09年に『サムライ・ハイスクール』(日本テレビ系)で共演して以来、10年以上にわたっての大親友でした。

 19年には、自身のデビュー20周年記念の写真集『Sonador Yu Shirota 20th Anniversary Book』で三浦さんを対談相手に選んだり、SNSでは公私ともに楽しそうな2人が写っている写真がたびたび投稿されていました。

『キンキーブーツ』についても、19年4月23日に相手役の小池徹平(35)ら共演者と記念写真を撮っていましたね」(ミュージカル業界関係者)

■SNSは祝福と激励の声

 そんな城田の起用に、SNSは、

《大好きな春馬くんのローラを、大好きな城田くんが引き継いでくれて嬉しいです。泣きそうです》《ほんとに嬉しくて出先で泣きそうです、春馬くんのバトンを優くんが引き継いでくれて。》《どれほどの想いと決意だっただろうそう考えるだけで涙が溢れる私は城田くんを誇りに思います》

 という声であふれていた。

「思えば、ここのところ城田は演劇やミュージカルを中心に日本のエンタテインメント界を盛り上げていこうと山崎育三郎(35)、尾上松也(36)と3人でIMY(アイマイ)を結成し、8月17日に『SHIONOGI MUSIC FAIR』(フジテレビ系)に出演して圧倒的歌唱力を見せつけていました。

 かとおもえば、同月27日の特番『FNSラフ&ミュージック~歌と笑いの祭典~第1夜』(前同)でお笑いコンビのどぶろっくとコラボして『大きなイチモツをください』で歌唱力の無駄遣いをしたりと大活躍でした。『キンキーブーツ』にも大いに期待したいところです」(女性誌記者)

 昨年7月23日に城田はインスタグラムにこれまでの三浦さんとの写真を詰め込んだアート写真を投稿し、1000文字以上の追悼文を掲載していた。その中には、

《そして春馬と交わしたいくつもの約束。

 それらをここで終わらせるわけにはいきません。

 これからは、春馬の意思を受け継ぎ、春馬の分まで、その”約束”や”夢”を大切に大切に育てながら、生きていきたいと思います。》

 という一節もあり、今回の『キンキーブーツ』にかける思いもひとしおだろう。

 あらためて、三浦さんへの思いもこもった「城田優のローラ」を見せてくれることを期待したい。

関連リンク

  • 11/5 7:15
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

2
  • 自殺は『違反か?犯罪か?違うよな、感情だけでコメントするの止めたら?恥ずかしい』

  • ***

    11/6 9:46

    人として絶対にやってはいけない最も悪い事である殺人と同様である自殺をしたクズの記事止めたら?人として最低な輩。ええ歳した成人が社会人が周りへの多大な迷惑を考えず自分勝手ワガママにも自ら企画立案し自ら実行したクズ。全てを投げ出し無責任極まりない自殺者なんぞに一切の情け無し、地獄で永久に苦しめボケ。自殺者は死んだ瞬間の最も痛い苦しい状態で成仏できずに永久に苦しむらしい、これが事実である事を祈念熱望する

記事の無断転載を禁じます