恋愛経験豊富でも大丈夫!男性が喜ぶ【ウブさ】の演出方法って?

拡大画像を見る


どうもあかりです。やっぱり男性は、「男慣れ」した女性よりもウブさのある女性を好みがちです。「俺の色に染めたい」という願望を持つ男性が多いからでしょうね。
ということで今回は、ぶっちゃけ恋愛経験が豊富な女性にこそおすすめしたい「ウブな一面の見せ方」をご紹介していきます。


なにげない彼氏からの「ギブ」に感動してあげる

ウブさを演出するには、初恋時代を思い出すのが一番手っ取り早いです。初恋の中では、きっとあなたは好きな人がしてくれる全てのことにいちいち感動していたはずです。
例えば、デートのために男性がレストランを予約してくれる場面をひとつとっても、さも「当たり前」のようにお店に入ってテーブルに着くよりも、一言「素敵なお店だね。予約してくれてありがとう」と声を掛けてあげるだけでも、ウブさは演出できます。
恋愛経験が豊富になってくると「彼氏ならこれくらいしてくれて普通」という変な慣れが出てきてしまいますが、いつでも初心を忘れずに、「ありがとう」などの言葉で感動を伝えてあげましょう。


元カレの話は間接的にも出さない

元カレの影をチラつかせないことも大切です。例えば彼氏とのデートで「ここ、前に来たことあるかも」みたいに言うのは、たとえ「元カレと」と明確に言わなくても、元カレを連想させてしまう一言です。
実際に恋愛経験が豊富な事実は否定できないとしても、あえてそれをチラつかせるような発言をするのは避けるべきです。
もちろん、「今まで付き合った人と比べて~」みたいにハッキリと元カレと彼氏を比較するのはめちゃくちゃNGです。


「ドキドキする♡」がキラーワード

好きな人と手を繋いだり、ハグやキスをしてもらったとき、あるいは「好き」「かわいい」と言ってもらえたときには、「ドキドキする♡」と感想を言ってあげるのが好手です。
この一言は、それだけであなたのウブさと彼氏の言動に対する「いいね」を両方同時に伝えられるので、かなり使い勝手が良いですよ。
ぜひ好きな人とのデートでは、男性を褒めたりお礼を言ってあげるときに「ドキドキする♡」の表現をたくさん使ってあげてください。
ぜひこれらのテクを活用して、好きな人に「この子を俺の色で染め上げたい!」と思われるように頑張ってください!(遣水あかり/ライター)
(ハウコレ編集部)

関連リンク

  • 11/5 6:00
  • ハウコレ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます