RIP SLYME、“グループ内不和”は「事務所の対応」が影響? SUの不倫報道時も「担当者不在で沈黙」の過去

 11月1日、ヒップホップグループ・RIP SLYMEのメンバーであるPESが、自身の公式サイト上で4年前にグループを脱退していたことを公表した。PESはメンバーに対し、「彼ら3人には何度も心を折られているので、また同じステージに立つことは想像すら出来ません」と拒絶を示しているが、メディア関係者は「事務所がきちんと対応しなかったせいで、メンバー同士の関係が悪化した」と指摘する。

「RIP SLYMEは、2017年4月発売の『FRIDAY(講談社)で、当時、歌手・大塚愛と結婚していたメンバー・SUが、モデルの江夏詩織(現在は「栞」名義で活動)と不倫を報じられて活動を休止。同9月にSUを除くPES、RYO-Z、ILMARI、DJ FUMIYAで音楽フェス『氣志團万博 2017 ~房総与太郎爆音マシマシロックンロールチョモランマ~』へ出演したのを最後に、18年10月にグループ活動休止を正式発表しました」(芸能ライター)

 以降、ファンからは活動再開を願う声が多数寄せられていたものの、PESは19年3月に自身のTwitterで「どうしてもみんなリップやらせたいみたいですけど、完全に永遠に無理でしょう。この感じでは」などと発言し、ネット上で物議を醸していた。

 一方のRYO-Z、ILMARI、DJ FUMIYAの3人は定期的にインスタグラムやYouTubeチャンネル「リップチャンネル」で動画配信を行っており、10月8日にインスタグラムで行ったライブ配信でPESの名前が挙がっていたため、本人が配信への参加をリクエストしたものの、彼らは承認することなくスルー。その後、RYO-Zが自身のアカウントで「2次会始まりまーす」と投稿し、YouTubeチャンネルでの配信を告知すると、PESが「それで逃げ切れると思ってるんですかね、、、。」「裏で会っても恫喝されて脅されて終わりますよ」などと不穏なコメントを残したことで、ファンの間ではさまざまな臆測を呼んでいた。

 それから1カ月が過ぎようとしていた11月1日、PESが公式サイト上に「RIPSLYMEインスタライブの件について」というタイトルの文書を公開。すでにグループから脱退していたことを公表したのだ。

「PESは、メンバーと『関わりたくないという思いもあり』発表が遅くなったと説明した上で、グループ活動がストップした17年9月に、『様々な理由から今後RIP SLYMEのメンバーとして活動を続けることが困難であると判断』し、グループや、彼らをマネジメントしていた芸能事務所・田辺エージェンシーを辞めたと明かしています」(同)

 つまり、グループが活動休止を発表した18年10月の時点で、すでにPESは脱退していたことになる。

「今月になってPESが脱退を報告すると同時に、現メンバーとの関係性悪化を匂わせたことで、ネット上のファンに衝撃が走りました。ただ、『PESくんの様子がおかしいとは思ってた』『PESくんが孤立している気がして心配してた』とグループ内の不和を感じ取っていた人も多いようで、『PESはイジメを受けていたのではないか』『ずっと3人に振り回されていたのかな。PESくんかわいそう』と同情の声も多く寄せられています」(同)

 こうして再び世間を騒がせることになったRIP SLYMEだが、その背景には“事務所の対応”も関係しているようだ。

「SUの不倫が報じられた際、彼らが所属する田辺エージェンシーに連絡しても、『担当者不在』で沈黙を貫き、仕方なく所属レコード会社のワーナーミュージック・ジャパンに問い合わせたところ、『何が起こっているのかさえわからない』といった具合で事態を把握しておらず、まったく埒が明きませんでした。この時事務所がきちんと対応し、グループにしっかり向き合っていれば、メンバー間の亀裂を大きくすることはなかったかもしれません」(スポーツ紙記者)

 なお、事務所の対応は、業界内でもかねてから問題視されていたという。

「田辺エージェンシーは“マスコミ対応しない事務所”として有名で、今年4月に有吉弘行と結婚し、9月をもって芸能界を引退したフリーアナウンサー・夏目三久をめぐっても、16年に交際・妊娠報道が出た際きちんと対応しなかったせいで、交際期間や結婚に至った時系列など、かえって“謎”を残すことになりました。今回、PESの脱退についても、公表までに時間がかかったことで、いつまでたってもメンバー間の“しこり”が解消されず、ファンに余計な期待をさせたり、不信感を抱かせることになってしまった」(同)

 事務所には頼れない以上、メンバー同士で解決するほかないようだが、彼らの関係修復は、もう望めないのだろうか。

  • 11/4 20:04
  • サイゾーウーマン

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます