『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』、日本公開は2022.1.7 新場面カット公開

 俳優のトム・ホランドが主演する映画『スパイダーマン』シリーズの最新作『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』の日本公開日が、2022年1月7日に決定。併せて、新場面写真2点が解禁された。

 トム・ホランド主演のシリーズ3作目となる本作。2017年『スパイダーマン:ホームカミング』では、高校生の主人公ピーター・パーカーが真のヒーローへと成長する過程が、2019年『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』では、師匠アイアンマンの鉄の意志を継ぎ、ホームのニューヨークから遠く離れたヨーロッパを舞台に新たな脅威に挑むさまが描かれた。

 前2作と同じくジョン・ワッツが監督を務める本作では、ピーター・パーカーが正体を明かされてしまい、ドクター・ストレンジが人々の記憶からピーターがスパイダーマンであることを消す呪文を唱えたことから、マルチバースが出現する-。

 解禁された場面写真では、ニューヨークの摩天楼をバックに恋人のMJとともに空を飛んでいるスパイダーマンの姿が。自分の正体がスパイダーマンであることを全世界に知られてしまったピーター・パーカーとMJのふたりに、どんな未来が待ち受けるのか。さらには、ドクター・ストレンジが見つめる中、車の上で構えるスパイダーマンの姿も。その視線の先にはいったい誰が? ドクター・ストレンジの呪文がきっかけでマルチバースが出現し、果たして世界はどうなってしまうのだろうか―。

 また、本作のムビチケカード(前売り券)が、12月3日より全国の上映映画館で発売されることが決まった。スパイダーマンの新スーツのスパイダーマークを大きくフィーチャーしたデザインとなっている。特典は、オリジナルポスターカレンダーとなる予定。

 映画『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』は、2022年1月7日より全国公開。

画像をもっと見る

関連リンク

  • 11/4 20:00
  • クランクイン!

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます