【ネタバレなし】イヤな予感もしてたけど…マーベル最新作「エターナルズ」はスタンディングオベーション級の傑作でした

拡大画像を見る

ハッキリ言って傑作です──。なんの話かと言うと、2021年11月5日(金)に公開されるマーベル最新作『エターナルズ』のこと。いやー、正直に言っちゃうと観る前はイヤな予感もしてたんですよ。理由は後述しますが、そんな不安な見事に消え去りました。

私、P.K.サンジュンはいわゆるMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の全作品を鑑賞していますが、早くもTOP3にランクインしましたね。これは観た方がイイ、というか観なきゃダメ。それくらい価値ある作品ではないでしょうか。

・新キャラゆえの不安

MCUシリーズのフェーズ4、映画としては第26作に相当するエターナルズ。ご存じの方も多いとは思いますが、現在MCUは変革期の真っただ中で、引退した「キャプテン・アメリカ」や「アイアンマン」などの主要キャラに変わるスーパーヒーローが求められている最中です。

前作の「シャン・チー / テン・リングスの伝説」もそうでしたが、本作も向こうしばらくのMCUを支える “新キャラ披露会” 的な意味合いが強く、これこそが私の不安材料でした。順を追ってご説明しますね。

・キャラ多すぎ問題

不安は大きく3つ「キャラ多すぎ問題」「エターナルズ地味すぎ問題」「アンジーどうなの問題」がありました。中でも最も不安だったのが「キャラ多すぎ問題」──。なぜならこの手の映画は初登場キャラが多すぎると、ロクなことにならないからです。

あえて作品名を出しちゃいますが、2016年に公開された映画「スーサイド・スクワッド」は悲惨でしたもんね。同年のラジー賞(とても不名誉なクソ映画賞)を受賞したことでも知られる「スーサイド・スクワッド」ですが、理由の1つは「キャラが多すぎたから」でしょう。

スーサイドスクワッドでは10人の新キャラが登場しましたが、10人も新キャラがいると1人1人のキャラが深掘りできず、結局「あいつ何だったんだっけ?」となってしまいがちなんです。そして奇しくもエターナルズにも10人の新キャラが登場しました。

ところがどっこい、映画を観終えた後、全てのキャラクターの能力や人間関係をしっかり把握しているではありませんか。これってすごいことですよ? だって「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」だって5人ですからね? 10人のキャラを1作で観客に覚えさせちゃってるんですから。

脚本がすごいのか、それともクロエ・ジャオ監督がすごいのか? 理由はわかりませんが、とにかくエターナルズはそれぞれのキャラが立ってます。その1人1人に個性があり、今後のMCUの主要キャラとなっていくことでしょう。

・エターナルズ地味すぎ問題

で、2つ目の「エターナルズ地味すぎ問題」も心配ご無用でした。エターナルズって、マーベルコミックの中では “地味オブ地味” と言っていいほど、無名に等しい作品なんですね。おそらく映画化されて初めてその存在を知った方も多いのではないでしょうか?

ところが先述のように1人1人のキャラが立ってますし、何より彼らの存在意義がハッキリとわかりました。もはや地球規模の争いでは収まり切らなくなっているMUCの世界観ですが、そういう意味でもエターナルズは今後大きな鍵を握るに違いありません。

・アンジーどうなの問題

そして最後の「アンジーどうなの問題」──。アンジーとはもちろん、アンジェリーナ・ジョリーのことですが、ハッキリ言ってアンジー級の大物がマーベルに登場するのって異例なんです。だって、世界のアンジェリーナ・ジョリーですよ?

これも「スーサイド・スクワッド」になってしまうんですが、主演のウィル・スミスを生かしきれてませんでしたもんね。ぶっちゃけ「アンジーに気を遣いすぎて変な感じになってるんじゃないか?」と心配していました。

……が、アンジーもプロならスタッフもプロ。アンジーの個性を最大限に活かしつつ、アンジー演じる「セナ」を必要以上に引き立ててはいませんでした。アンジーを特別扱いしてないんですよ? これってメチャメチャ贅沢な使い方ではないでしょうか?

・スタンディングオベーションものの傑作

その他、ダイバーシティ(多様性)などの要素をふんだんに絡めつつ、ストーリーから戦闘シーンに至るまでエターナルズは素晴らしい作品でした。なんなら余韻を残した終わり方も非常に良かった! 試写会じゃなければスタンディングオベーションしていたハズです。

あえて順番を付ける必要はないんですが、個人的には「アベンジャーズ / インフィニティ・ウォー」「キャプテン・アメリカ / ウィンターソルジャー」「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」に匹敵する完成度だと思いましたね。一言、感動しました。

マーベルが好きな人にはもちろん刺さるでしょうし、マーベル作品を全く観たことが無い人でも『エターナルズ』は好きになってしまうのではないでしょうか? それくらいエターナルズは傑作です。絶対に観た方がいいですよ!

というわけで、本当の本当に『エターナルズ』は素晴らしい作品なので、興味がある方はぜひご覧になってくださいね。で、出来れば鑑賞後にこの記事をもう1度読み返してみてください。私が言ってることがわかるハズですから。映画『エターナルズ』は11月5日(金)公開です。

参考リンク:エターナルズ公式サイト
執筆:P.K.サンジュン
Photo:(c)Marvel Studios 2021,(C)2016 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC., RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC AND RATPAC ENTERTAINMENT, LLC

関連リンク

  • 11/4 16:00
  • ロケットニュース24

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます