『半妖の夜叉姫』弐の章第29話は麒麟丸の重すぎる愛と娘の自立、殺生丸の不器用さが切ない「親子」回!

拡大画像を見る

TVアニメ『半妖の夜叉姫』弐の章(読売テレビ・日本テレビ系、毎週土曜夕方5時30分~)10月30日の放送は、第29話「りおんという名の少女」。今回は麒麟丸の目的がついに明かされたほか、様々な“親心”が描かれた。
とわ、せつな、もろはは、麒麟丸に立ち向かうために必要な「吸妖魂の根(きゅうようこんのね)」を求め、「産霊山(むすびやま)」に到達する。そこには結界に封じ込められた、麒麟丸の娘・りおんがいた。
しかし、りおんは、父である麒麟丸が唯一恐れるという吸妖魂の根から作られた「星斬りの笛(ほしきりのふえ)」をとわたちに渡す。

実はりおんは約600年前に命を落としていたが、それを受け入れられない麒麟丸が、彼女の魂を幽体にして産霊山に結界を張り、封じ込めていた。そして、夢の胡蝶を使って夢の中でりおんに会い続けていたのだ。これは娘への愛情あってのものだが、約600年間も孤独を強いられたりおんの苦しみを思うと、いたたまれない。とわが思わずりおんを抱きしめたのも印象的だった。
しかも、麒麟丸は「時空の彼方へ行く」という野望を抱いていると言う。しかし、そのために阿久留(あくる)という精霊をとらえ、「時の風車(ときのふうしゃ)」を動かすとこの戦国時代が消滅してしまう。それがかつて時代樹の精霊が語った「麒麟丸はこの世を末法末世で飲み込み、すべてを無に帰そうとしている」の意味だったのだ。
そして、麒麟丸が産霊山にりおんを縛り付けていた縁(えにし)を、せつなが「所縁の断ち切り(ゆかりのたちきり)」で切り、解放されたりおんは、三姫と共に行くことに。しかし、下山しようとした途端、麒麟丸が仕掛けた妖霊獣(ようれいじゅう)が襲いかかってくる。そこでとわが「星斬りの笛」を吹くと、笛は「斬星剣(ざんせいけん)」に変わった。「斬星剣」は古代に天津甕星(あまつみかぼし)からもたらされた伝説の二剣のひとつで、麒麟丸の「爆星剣(ばくせいけん)」と対になる剣。その威力は強大で、妖霊獣は一瞬にして退治された。

それにしても、父親の愛からとはいえ、死んだ娘を約600年間結界に封じ込め、下山しようとすると襲う妖怪まで仕込んでおく麒麟丸は、もはや“毒親”と言われても仕方ない。SNSでは、その愛の重さに引く声もあったが、りおんが父の思いに感謝を示したのは救いであり、子の自立に心打たれる人たちもいた。
さらにSNSが盛り上がりを見せたのは、殺生丸が現れ、せつなから夢と眠りを奪っていた夢の胡蝶を斬ったとき。それはつまり時代樹の中で眠り続けているりんにかけられた銀鱗の呪いも再び進行し始めるということだ。SNSには「なぜ蝶を切ってしまったの?」「せつなの成長を促すため?」「殺生丸様、いつも言葉が足りない…」と、その不器用な愛に胸を痛める声が溢れた。

さらに、もろはに声をかけ、両親である犬夜叉・かごめと会ったかを尋ねる「伯父愛」も盛り上がりのポイントに。
一方、妖怪を退治することでとわたちを密かに守っていた理玖とりおんが再会。理玖は自分が見たもの聞いたものが全て麒麟丸に筒抜けになることを気にしていると、とわはそんな理玖の顔を両手ではさみ、顔を近づけ…まさかのラブシーンかと思いきや、真正面から麒麟丸に宣戦布告するのだ。理玖の狼狽える様子にはSNSでは「理玖、電話代わり(笑)」と同情する声も。
一気に物語が動き出したが、それにしても麒麟丸はなぜ時空の彼方へ行こうとしているのか。その真意がますます気になるところだ。


次回は、読売テレビ・日本テレビ系にて
11月6日土曜夕方5時30分から、
第30話「退治屋翡翠」が放送!
※一部地域を除く

夢を取り戻したせつなは不覚にも就寝中にとらわれてしまい、目覚めるとそこには…? 次回放送が今から待ち遠しい!

原作/高橋留美子「犬夜叉」(小学館 少年サンデーコミックス 刊)
Ⓒ高橋留美子/小学館・読売テレビ・サンライズ 2020

【文・田幸和歌子】

関連リンク

  • 11/4 17:31
  • テレビドガッチ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます