江口のりこ『SUPER RICH』赤楚衛二・町田啓太との三角関係展開に見え隠れする不安、胸キュン不要のドロドロお仕事ドラマを!

拡大画像を見る

 江口のりこ(41)主演の『SUPER RICH』(フジテレビ系)が好調だ。10月28日に放送された第3話は平均視聴率7.6%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)。オフィスを引き払い、古い一軒家を借りて「スリースターブックス」をスタートする……という内容であった。

 正直、意外な展開。もっとドロドロした話になると思っていた。しかし江口が演じる社長・氷河衛がものすごくいい人で社員思い。しかも専門学生の優(赤楚衛二/27)、秘書の宮村(町田啓太/31)という年下イケメンから、想いを寄せられているっぽい。

 第3話では赤楚と顔が近づいてドキッ、というシーンもあった。年の差ラブが始まるのか。できればそうならないでほしい。お仕事ドラマのまま突き進んでほしい。

 江口に恋愛ドラマのイメージがない、というわけでは決してない。『#リモラブ〜普通の恋は邪道〜』(日本テレビ系)での、及川光博(52)との大人の照れ恋、『その女、ジルバ』(東海テレビ・フジテレビ)でのスミレさんの遅れてきた恋、どちらもキュンキュンした。

■これだけ役者が揃っているのだから

 でも、今回は江口が「主役」なのである。しかも脇を固めるのも、伸び盛りの役者とアクの強い役者がものすごくいい感じで混在し、全体的に小劇団臭が漂う。だからこそ、胸キュンはもう他のドラマに任せて、クセだらけの人々が世の中をガッサガッサと動き回るシーンで埋め尽くしてほしいのだ。

 江口の仕事ができる感と関西弁のユーモラスなテンポ、赤楚の子犬感、町田の執事モード、どれをとっても素晴らしい。生意気チワワ的な志田未来(28)もいいスパイスだし、古田新太(55)はいるだけで面白い。敵か味方かよくわからない松嶋菜々子(48)も最高! 電子書籍というテーマも興味深い。

 ということで、タイトル通り、金と仕事にまみれスーパーリッチになっていく衛とスリースターブックスが見たい。次回から恋愛要素が減っていくことを願っている。第4話で妙な三角関係が始まりませんように……。(田中稲)

■赤楚衛二の手慣れた料理シーンも話題

 第3話では優(赤楚衛二)もやしづくしの料理を作ったシーンも話題に。ツイッターで公開されたオフショットでも、コメントでは料理の話題ばかり。

※画像は『SUPER RICH』オフィシャルツイッターアカウント「@super_rich_cx」より

関連リンク

  • 11/4 19:00
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます