直接甘えるのは恥ずかしい!会えなくてもラブラブになるLINEの甘え方って?

拡大画像を見る


好意を寄せている男性や彼氏に対して、本当は甘えたいのに本人に会ってしまうとなかなか甘えることができないという方も、多いのではないでしょうか。甘え方が分からないという方は、LINEから始めてみてください。 

 

LINEを使っていると、本人に会わなくても気持ちを伝えることができるので、恥ずかしさも薄くなります。今回は、会えなくてもラブラブになるLINEの甘え方について紹介していきます。 


長文ではなくストレートに伝える

LINEで彼に甘える場合は、あまり長文になってしまわないように気持ちを伝えることが大事です。伝えたいことがハッキリせず、分からなくなってしまい困らせてしまいます。  一番伝えたい気持ちを整理して、伝えるようにしてください。そうすることによって、彼や好きな人も気持ちが届いて、素直に受け止めることができるはずです。 


顔文字やハートを使ってかわいくアピール

LINEでしかできないことですが、顔文字やハートなどを使って文章をかわいくアレンジしつつ、彼に甘えることも大事です。男性は単純な生きものなので、女性からハートが付いているLINEが送られてくると意識してしまいます。  スタンプも同じようにかわいくアピールできるので、文章ではなかなか上手く気持ちを伝えられないという場合は、顔文字やスタンプを使って彼に甘えてみてください。 


文末から甘える

彼に対してお願いをしてみるというのも、甘え方の一つです。「してほしいな」というお願いをすることによって、男性の「女性を守りたい」「頼られている」という気持ちを刺激し、より自分のことを好きになってくれるでしょう。  彼がお願いを聞いてくれたら、必ずお礼のLINEを送ってください。お礼を言わなければ甘えた意味もなくなってしまいます。そこからまた新しい話題にもつなげられるので、長くやり取りができるでしょう。   


たまには電話する

LINEの文章の身で甘えるのもいいですが、メッセージだけでは飽きてしまったり、面倒くさくなってしまうことも多くあります。  距離を近く感じられるようになるためにも、電話で直接話してみてください。長く通話する必要はないので、お互いの声を聞いて電話ができるほど距離も近くなっていると再確認すると、ドキドキするはずです。  


まとめ

お互いに会えない時間が長い人ほど、会えないときのアプローチが大事になるので、真似してみてください。 (ハウコレ編集部)

関連リンク

  • 11/4 19:00
  • ハウコレ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます