横山裕&見取り図『ちまたのジョーシキちゃん』放送開始日に生番組出演

拡大画像を見る

世代や場所、シチュエーションなどによって異なる常識(ジョーシキ)をあらゆる角度から調査し、独自の目線で紹介していく新感覚バラエティ番組『ちまたのジョーシキちゃん』(カンテレ、毎週金曜19:00~ ※関西ローカル)が、11月5日(金)にスタート。MCで初タッグを組む関ジャニ∞・横山裕と見取り図(盛山晋太郎、リリー)が、スタジオレギュラーの蛍原徹、ジャニーズWEST・中間淳太、そして記念すべき第1回目のゲスト“りんくま”こと久間田琳加とともに、知れば知るほどおもしろい世間のジョーシキに迫る。

番組冒頭、横山は「なんか変な感じですね~。僕“さあ、始まりました”とか言わないタイプなんですよ(笑)」とMCに慣れない様子だが、「『ちまたのジョーシキちゃん』では、横山さんに言っていただきますよ」と、盛山が横山を後押し。『ヒルナンデス!』(日テレ系)でも横山と共演している中間は「先輩がいるから心強いです」と笑顔で話す。

初回の放送では、「ファミレス」のジョーシキについて、関西人を対象にアンケートを実施。そのなかで挙がったさまざまなジョーシキを紹介する再現ドラマを楽しみながら、「わかるわ〜」という声が最も多かった“ナンバーワンジョーシキ”をスタジオメンバーが推理する。続いて、世代が違えばジョーシキも全然違う?「結婚式」にまつわる令和の新ジョーシキに迫る。久間田が「めちゃめちゃやってみたいです!」と目を輝かせた昭和の超バブリーな演出や、平成に大流行した○○演出と比較しながら、どんどん多様化・デジタル化が進む令和の結婚式の新ジョーシキを紹介する。「フォト婚の裏側」「ご祝儀は○○○」など、横山が「ここまできたか!」とうなった新ジョーシキとは?

さらに、学校にあるユニークなジョーシキを探る「ウチの学校のジョーシキ」では、中間の出身校でもある兵庫県西宮市の関西学院高等部に若手お笑いコンビ・エルフ(はる、荒川)が潜入。生徒たちへの聞き取り調査でつかんだ、さまざまなジョーシキを深掘りしていく。そんな大調査のラストには、エルフ・荒川も「青春過ぎる! めっちゃええやん!」と思わず涙する感動のサプライズが。

スタジオでは「横山さん、学生時代はどんな感じでした? めっちゃモテたでしょ?」というリリーの質問から、横山の学生時代のモテエピソードがとびだす!?

また、5日は横山と見取り図が朝からカンテレの番組にゲストとして生出演予定。出演する番組は以下の通り。

■『よ~いドン!』9:50~ 横山&見取り図
■『2時45分からはスローでイージーなルーティーンで』14:45~ 横山
■『報道ランナー』16:45~ 横山
■『ちまたのジョーシキちゃん』19:00~ 初回放送

関連リンク

  • 11/4 18:00
  • テレビドガッチ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます