2発のベンゼマを敵将も絶賛「バロンドールにふさわしい。現時点で世界最高の…」

拡大画像を見る

 シャフタール(ウクライナ)のロベルト・デ・ゼルビ監督が、レアル・マドリードに所属するフランス代表FWカリム・ベンゼマへ賛辞を送った。4日、フランスメディア『RMC』が伝えた。

 レアル・マドリードとシャフタールは、3日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)・グループD第4節で対戦。試合は14分にレアル・マドリードがベンゼマのゴールで先制すると、シャフタールは39分に追いつく。それでも、61分にベンゼマが決勝点を記録し、レアル・マドリードが2-1で勝利した。

 デ・ゼルビ監督は試合後、2得点でレアル・マドリードに勝利をもたらしたベンゼマの活躍に言及。「それ(ベンゼマの活躍)を見るために今日を待っていたわけじゃなかったんだけどね。彼はバロンドールにふさわしいし、現時点では世界最高のストライカーだ」とその活躍を称えた。

 なお、ベンゼマの1点目は、レアル・マドリードの記念すべきCL通算1000ゴール目(※前身のヨーロピアンカップ時代も含む)となった。クラブの歴史にその名を刻んだ同選手は、今季の公式戦はここまで14試合に出場し、13ゴール8アシストを記録している。果たして、11月29日に行われる式典で自身初のバロンドールを受賞することができるだろうか。


【動画】ベンゼマがシャフタール戦で2ゴール








関連リンク

  • 11/4 17:11
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます