NHK大阪放送局長 朝ドラ「いいスタート切れた」「今後の展開が楽しみ」

拡大画像を見る

 NHK大阪放送局の角英夫局長の定例会見が4日、大阪市の同局で行われた。

 1日からスタートした大阪局制作の連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」について、「多くの方にご覧いただいていいスタートを切れた。一昨日(2日)から上白石(萌音)さん、昨日(3日)から(SixTONES)松村北斗さんが登場して話題になっている」とした。1日の平均世帯視聴率は関東が16・4%、関西が15・6%だった。

 また、「物語はあんこ、ラジオ、英語講座、ジャズ、野球と要素が出て来て、いよいよ動き出したなと。今後の展開が楽しみ」と期待を寄せた。(視聴率はビデオリサーチ調べ)

関連リンク

  • 11/4 16:38
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます