湯浅政明監督「みんなにもっと踊ってもらいたい」『犬王』東京国際映画祭でジャパンプレミア

拡大画像を見る

室町時代を舞台に変幻自在のイマジネーションで描くミュージカル・アニメーション『犬王』が、11月3日(水・祝)、第34回東京国際映画祭ジャパニーズ・アニメーション部門にてジャパンプレミアを開催。湯浅政明監督が上映後のトークイベントに登壇した。




今回のイベントのチケットは、発売されるやいなや即完売に。当日は上映時間よりかなり早い時間からファンが映画館に待機するなど注目が高まっているなか、「主人公の背負うもの」というテーマを掲げた本映画祭で上映された。上映後には大きな拍手が巻き起こり、熱狂の中で湯浅監督が登壇。ティーチインで「今の時代に犬王のような明るいキャラクターを見せることで、勇気をもらえるのではないかと思った」と作品に込めた思いを語った。

また、ステージには、キャラクター原案を担当した松本大洋による描きおろしアートも解禁。ストーリー全体を物語るような鮮やかな世界観に、湯浅監督も「可愛くてカッコいい!」と喜色満面。「オーダーとしては、松本さんが描きたいものを、得意なヤツで!とお願いしました。松本さんからは『これでどう?』と来たので、それでお願いします!という感じでした」と経緯を語った。

特報解禁時から多くの注目を集めている登場人物たちのキャラクター原案については、「僕は松本さんの絵が大好きなので、自由にやってほしいと思った。その中で主人公の犬王と友魚に関しては、若く見せたかったし、姿形の変わる犬王のキャラクター性を映画でどう見せようか、など話し合いを重ねました」とこだわりを明かす。

古川日出男による小説「平家物語 犬王の巻」が原作となる本作。湯浅監督は「逆境の中で育った犬王と友魚が這い上がろうとしている姿が魅力的だった。室町時代という出自を超えて這い上がっていくことが難しい時代の中で、困難をものともしない犬王の明るさに魅力を感じた。今の時代に犬王のような明るいキャラクターを見せることで、勇気をもらえるのではないかと思った」と力強い生き様に魅了されたという。

ヴェネチア国際映画祭のワールドプレミアで上映された際には、2人の主人公が生み出す音楽を“ロックオペラ”と評されたことについて、「音楽の根源は、歌って踊って神様に捧げるような興奮がある。だからみんなにもっと踊ってもらいたいという気持ちがある」と自身の作品にこれまでも音楽的リズムを刻んできた理由を解説し、「『犬王』でもみんなもっと素直に頭を動かしたり、リズムに乗ったりしてほしい(笑)」という発言も飛び出し、会場を大いに笑わせた。

犬王の声を務めたのは、バンド「女王蜂」のアヴちゃん。湯浅監督は「演じてもらいながら、徐々にキャラクターを理解してもらっていった感じです。歌唱指導では先頭に立ってやってくれて、作詞にも参加してくれて、まるでアヴちゃんが犬王になっていくような形で作っていきました」と明かした。そして、友魚の声を務めた森山未來については「実際に琵琶を習って理解を深めて、琵琶を弾けるようにもなってくれた。自分としても冒険した部分だけど、急にロックな展開になるところに驚いていた」とアフレコの様子をふり返った。

今回の東京国際映画祭でのジャパンプレミアに参加した観客に向けて「観てくれた一人一人に感想を聞きたいくらい。公開まであと半年くらいあるので、それまでSNSなどで感想を呟いてもらって、盛り上げていただきたい!」と期待を込めていた。観客からも最後に大きな拍手が巻き起こり、イベントは大盛況のうちに幕を閉じた。

『犬王』は2022年初夏、全国にて公開。



(text:cinemacafe.net)


■関連作品:
犬王 2022年初夏、公開予定
©“INU-OH” Film Partners

関連リンク

  • 11/4 16:00
  • cinemacafe.net

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます