美容成分を角質層へしっかり届ける「イオンブースト」で『ながら美容』を実現

拡大画像を見る

忙しい毎日を過ごしていると、美容にかける時間がどんどん短縮されがちです。
少しでも何とかしようと「つけたままにできる美容アイテム」を使った『ながら美容』をしている人も多いのではないでしょうか。

9割超が実践する『ながら美容』、最も多いのは「ながらフェイスケア」パナソニック株式会社が20~40代の女性を対象に行った調査によると、99%が「ながら美容をしている」と回答しています。
ほとんどの女性が行っている「ながら美容」ですが、97%が「美容ケアに集中する時間を十分に確保することが難しい」と回答。忙しさ、余裕のなさが『ながら美容』のニーズを後押ししていると言えそうです。

実際に、「忙しさから、ゆっくり美容ケアだけに集中する時間は取れないため『ながら美容』で美容にかける時間を確保したい」と答えた女性は96%にのぼりました。
ながら美容にもいろいろありますが、どのような『ながら美容』をしているかという質問には、「フェイスケア(フェイスマスクなど)」(90%)を筆頭に、「ボディケア(着圧ソックスなど)」(75%)、「ヘアケア(ナイトキャップなど)」(36%)、「アイケア(ホットアイマスクなど)」(22%)と続きました。

フェイスマスクをつけたまま子どもの世話をしたり、メール確認をしたりと、家事や育児、仕事の時間やリラックスタイムを使いながら、それぞれが自分のスタイルで『ながら美容』をしている姿が浮かび上がりました。

「マスク型イオン美顔器 イオンブースト」が『ながら美容』を進化パナソニックが2021年11月1日(月)に発売した最新の『ながら美容』アイテムが「マスク型イオン美顔器 イオンブースト EH-SM50(以下、「イオンブースト」)」です。

顔に装着するだけでいつものシートマスクやスキンケア化粧品の美容成分を角質層まで浸透させるこのアイテムは、シートマスクと使う「シートマスクモード」(10分)、スキンケア化粧品と使う「デイリーケアモード」(5分)、「クイックケアモード」(3分)の3つのモードを搭載し、ハンズフリーで『ながら美容』をかなえます。

イオンブーストには美容クリニックの技術に着目した「高分子浸透技術」が採用されており、ヒアルロン酸をはじめとした分子が大きく浸透しづらい美容成分を肌の角質層まで届けることが可能。
忙しい時でもしっかりと角質層へと美容成分を浸透させる本格ケアで、うるおってキメが整う透明感のある肌へと導きます。

さらに使用後は、マスクもユニットもコントローラーも水洗いできるので、お手入れが簡単で衛生的です。
このイオンブーストを103名のモニターが使用したところ、全員が「満足」と回答。ウェアラブルならではの手軽さ・効率の良さや、そのつけ心地を評価する回答が多くあがりました。

さらに、機能面への満足度も高く、「肌の状態として実感したポイント」として、「うるおいを実感した」(100%)、「なめらかさ(手触り)を実感した」(99%)、「ツヤ感を実感した」(99%)、「乾燥くすみや乾燥に効果的だと感じた」(99%)と高い評価が付けられたほか、フィット感や手入れの簡単さなどの使い勝手も高く評価されています。

美は一日にしてならず。きれいな肌を作るには、無理なく続けられるケアを継続する必要があります。高性能で使いやすい『ながら美容』できるアイテムなら、それも叶いそう。

自分へのごほうびやクリスマスプレゼントの候補に、『ながら美容』できるマスクも加えておきませんか。

【参考】
※公式サイト
https://panasonic.jp/face/products/ionboost/EH-SM50.html
  • 11/4 15:30
  • WomanSmartLife

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます