開封して1分でぜんざい! 井村屋初の「冷凍ぜんざい」がレンチンだけで食べられるのに店の味

拡大画像を見る

寒くなると美味しい食べ物は? 鍋に肉まん、おでんにシチューなどいろいろあるが、ひそかにファンがいそうなのが「ぜんざい」だ。あの甘い感じと白玉の相性が冬にピッタリというか、ホッとする温かさもよい。

ついつい手が伸びてしまう時期がやってこようとしているが、こないだスーパーで面白い光景に出くわした。なんとびっくり、レンジでチンするだけでぜんざいを食べられる冷凍食品が売っていたのである。その名も「あったか餅入りぜんざい」! そのまんま!!

・井村屋初の冷凍ぜんざい

あずきバーでおなじみの井村屋が2021年8月30日から販売している「あったか餅入りぜんざい」。なんでもカップのままレンジで簡単調理できる、井村屋初の冷凍ぜんざいだという。

これまでほとんどと言っていいほど見かけなかったが、寒くなってきたからか売り場に置かれるようになっているのかもしれない。

……と、誰にでもできそうな推理はさておき、値段は税抜348円(スーパー価格)。中には4カップが入っているそうで、どんなものかと開けてみたら……

まぁ……

手のひらサイズで小ぶりではあるが、1個あたり90円くらいだからこんなところだろう。それにしても、これをレンチンするだけで ぜんざい が出来上がるのだから便利な世の中になったものだなぁ〜。

・開封して1分でぜんざい

さてさて、それでは実食といこう。レンチンするにあたってやることは、上のシールをペリッと剥がすだけ。

中身があずきバーのようにカチカチに凍っているとあって、本当に1分で溶けるのだろうかと不安になる……。ちなみに1個あたり600Wなら1分、500Wなら1分20秒が目安、700W以上やオート加熱は使えないらしい。

てことで600Wにセットして待つこと1分……

おおおぉぉぉぉぉ!

ちゃんと溶けてる! トロッとしていて、あずきの匂いもいい感じ。冷凍ならではの配合と製法で作られているとのことだが、ちょっとオシャレな容器に入れたらお店で買ったものと言われても気づかなさそうだ。

・安定の味

ぜんざいということでもちろん餅が入っていて、1カップあたり2個入り。モチッとしていて優しい味がする。で、肝心のぜんざいはどうなのかというと……

井村屋だけに安定の味でスイスイ食べられて普通に美味しい。あずきバーの人気ぶりを考えたら、井村屋にとって美味しいぜんざいを作ることは赤子の手をひねるようなものだろう。うんうん、最近の冷凍技術を考えたら店のようなぜんざいは出してくるよな〜。

ただ、サイズはお世辞にもたっぷりとは言い難い。同商品はあくまでおやつ的な位置づけで、小腹が空いたときに重宝しそうかなといった感じであった。箱から出してしまえば場所もとらないし、意外と活躍の場は多そうな気がする。

まぁ今すぐにぜんざいを食べないと狂いそうなんてことは人生でそうないだろうが、冷凍庫にあって困ることもないし、わざわざ買いに行く手間が省けるのは二重丸。まだまだ外出がはばかられる今、お家時間のお供にいいかもしれない。

参考リンク:井村屋「あったか餅入りぜんざい」
執筆:レンチン原田
Photo:RocketNews24.

関連リンク

  • 11/4 12:15
  • ロケットニュース24

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます