小野大輔『映画 すみっコぐらし』バリアフリー上映の音声ガイドに決定

拡大画像を見る

11月5日(金)に全国劇場公開となる『映画 すみっコぐらし 青い月夜のまほうのコ』。バリアフリー上映が実施される本作だが、この度、視覚障害者向けの音声ガイドを声優の小野大輔が担当することが決定した。

「すみっこにいると、なぜか落ち着く。」そんなちょっぴりネガティブだけど個性的なキャラクター、すみっコぐらし。2012年に、たれぱんだ、リラックマなどで知られる「サンエックス株式会社」から発売され、来年2022年に10周年を迎える。

本作『映画 すみっコぐらし 青い月夜のまほうのコ』は、10周年記念作品として公開。本作のナレーションは、前作から引き続き、井ノ原快彦と本上まなみが担当する。すみっコたちを励ましたり、突っ込んだり、時には気持ちを代弁しながら、ふたたびすみっコたちの物語をやさしく見守る。


この度、本作のバリアフリー上映の音声ガイドに決定した、声優の小野大輔からコメントが到着。小野は「おっきなすみっコぐらし展~みんなですみっコバスツアー~」で“バスガイド”として音声ガイドを務めたこともあり、今回の映画でも音声ガイドを担当することになった。

小野の音声ガイドにより、すみっコたちの暮らしぶりや、本作の新キャラクターである魔法使いたちの様子が生き生きと表現されている。また、上映前には待機ガイドが流れ、すみっコたちのキャラクター紹介を聴くことが出来る。

<小野大輔 コメント>

大人も子供もあたたかくて優しい気持ちになれる本当に素敵な作品。この作品に寄り添えるように自分自身も優しい気持ちで収録に臨みました。すみっコたちのあの愛らしい姿を頭の中に想像していただけたら。そしてすみっコの世界に広がる癒しをより多くの人に感じていただけたらと思います。


■『映画 すみっコぐらし 青い月夜のまほうのコ』

11月5日(金)全国ロードショー
ナレーション:井ノ原快彦、本上まなみ
配給:アスミック・エース

(C)2021日本すみっコぐらし協会映画部

関連リンク

  • 11/4 15:00
  • dwango.jp news

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます