二宮和也、ラストライブ鑑賞後涙ながらにV6への想い語る「全員カリスマだった」

【モデルプレス=2021/11/04】嵐の二宮和也が3日、KAT-TUNの中丸雄一らとの合同YouTubeチャンネル「ジャにのちゃんねる」を更新。1日の「LIVE TOUR V6 groove」最終公演をもって解散したV6への想いを語った。

◆二宮和也、V6のラストライブ鑑賞&想い語る

この動画では、二宮のみが出演。V6ラストライブとなる同公演の朝から二宮の自撮りでカメラが回され、鑑賞後までの様子を納めている。公演前の二宮はV6ラストライブ鑑賞について「事務所の後輩という点よりも僕の人生を変えてくれた人たちなので、感謝の気持ちも含めて見させて頂きたい」と語り、緊張した面持ち。

そしてコンサート終了後再びカメラを回し、公演の余韻に浸りながら「ほんと凄かった。最高峰でしたね。表現がえげつなくて、個人個人の表現力が、圧倒的表現力というか…。6人全員カリスマだったな」と絶賛。言葉を詰まらせながら「この26年という年にあそこまで最高峰を見せられてしまうと、ダメなファンかもしれないけど先のぞんじゃうというか…。それくらい凄かったです、ありがとうございます」と涙で目を潤ませながら語る二宮。

公演の振り返りだけではなくV6のバックについていた当時も振り返り、最後は「本当にV6のみなさま、26年間、お疲れさまでした。ありがとうございました。本当に最高のライブでした」と言葉を締めた。

◆二宮和也の動画に反響

この動画公開にファンからは「ニノのうるんだ瞳に涙腺崩壊」「愛で溢れているのが伝わる」「ニノのこんな本音を引き出す程のV6の存在、ほんと偉大だなぁ」「普段話が上手だからこそ、言葉が見つからないほど感動してるニノ見て、熱い思いが伝わってくる…」などと反響が続々と寄せられている。(modelpress編集部)


【Not Sponsored 記事】

関連リンク

  • 11/4 14:42
  • モデルプレス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます