渡辺美奈代「作り置き」フル活用の味噌カツ弁当「毎日夢のようなご馳走」次男羨む声も

拡大画像を見る

 タレント・渡辺美奈代(52)が4日、SNSを更新。高校生の次男でタレント・矢島名月(18)のために作った「名古屋めし」弁当を公開した。

 美奈代は愛知県出身。実業家の夫も岐阜県出身と“名古屋めし”に縁が深い。

 ブログでは「冷凍して置いた作り置きでお弁当作り」と、冷凍のトンカツの写真を投稿。その後、味噌カツがメインの曲げわっぱに入った弁当の写真がアップされた。

 この日は、トンカツ以外にも、キャロットラペ、紫キャベツの酢漬け、黒豆など、作り置きメニューが。ほかにピーマンとじゃこ炒め、ポテトサラダ、たまご焼き、お味噌汁。いつもながら彩りも栄養バランスも満点のお弁当となっている。

 インスタにも同じ写真を投稿し、フォロワーからは「おかず力もあり彩りや詰め方もステキ。マネできませんね」「いつもどのぐらいの時間でお弁当作るんですか?」「凄く美味しそう」「お腹すいてきた」など賛辞の声が続々。ブログの読者からは「毎日夢のようなご馳走が続いて、名月くんが心底うらやましい」との声も届いている。

関連リンク

  • 11/4 13:54
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます