「恋です!」またもラストで衝撃事実 獅子王・鈴木伸之へ「切ない」の声

拡大画像を見る

 3日に日本テレビ系で放送されたドラマ「恋です!~ヤンキー君と白杖ガール~」で、またもラストで衝撃事実が明らかになり、獅子王ファンからは「切ない」などの声が上がった。

 この日の「恋です!」では、ユキコ(杉咲花)の姉・イズミ(奈緒)が、獅子王(鈴木伸之)へ思いを寄せ始め、少しでも近づこうと、運動が苦手にもかかわらず獅子王が通うスポーツジムに入会する。丁寧に器具の使い方などを教えてくれる獅子王へ、イズミの思いは高まるばかり。だが、獅子王の財布の中には思いを寄せる人の写真が。そこには森生(杉野遥亮)が写っていた…。

 獅子王はドラマ内で「好きな人と思いが通じ合えるのは奇跡」というセリフを口にしていたが、その意味が分かりネットも反響が。「獅子王の言葉は思いね」「獅子王、切なすぎる」「獅子王の思いを知って1話から復習」「獅子王、そうだよな、やっぱそうだよな」「獅子王、そういうことなの~切ない」などの声が上がっていた。

関連リンク

  • 11/4 12:26
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます