東出昌大、非常識「新恋人呉ホテル同伴愛」の代償!?『TOKIOカケル』で流れた映画予告編から「マイルドカット」!

拡大画像を見る

 11月3日放送の『TOKIOカケル』(フジテレビ系)に俳優の森山未來(37)がゲスト出演した。

 番組で森山は、ダンサーとして出演した7月23日の東京オリンピック開会式で、踊りを披露した舞台の位置が、本番では予定と違い大幅にずれてしまっていて自らの手で移動させたというエピソードを披露したほか、TOKIOのメンバーと、女性代表の出演者であるエンジェルちゃんとして出演した伊藤沙莉(27)とともにお酒を飲みながらトークを行なった。

「今回、番組に出演した森山と伊藤は、11月5日から劇場やNetflixで公開される映画『ボクたちはみんな大人になれなかった』に出演しています。そのプロモーションも兼ねた出演だったようで、番組の終盤では映画の予告映像が流れ、森山が作品の宣伝をする場面もありました。

 ただ、今回、番組で流れた予告映像には気になる場面がありました。というのも、予告で流れた映画の本編映像に森山演じる主人公の同僚・関口役で出演している東出昌大(33)の出演シーンがなかったんです」(テレビ誌ライター)

 9月16日に『ボクたちはみんな大人になれなかった』のYouTubeチャンネルで公開された1分49秒間の予告映像では、森山の隣に東出が座り、誰かの話を聞くシーンも流れている。

「『TOKIOカケル』の予告映像で東出は完全にカットされたわけでなく、キャストの写真が矢継ぎ早に流れるところでほんの一瞬だけ姿を見せました。ただ、YouTubeにある予告編のように本編シーンの部分には登場せず、東出が出ない部分だけでまとめられている印象を受けましたね」(前同)

■「呉ホテル同伴愛報道」の代償か!?

 バッサリではなかったが、マイルドにカットされたしまった東出は、10月14日発売の『週刊文春』で新恋人の存在が報じられている。

「現在は独身の東出さんですから、新恋人の存在は何ら問題のない話。ただ、『文春』では、彼が撮影のために滞在していた広島県呉市のホテルに、新恋人のAさんを呼んでいたことも明らかになりました。

 東出さんは、2020年1月の『文春』で唐田えりかさん(24)との3年にわたる不倫関係が報じられ、杏さん(35)と離婚。CMや出演が決まっていたドラマなど多くの仕事を失ってしまい、現在は再起を目指しているところです。

 そんな中で、恋人を撮影現場に呼び寄せるという非常識な行動をやらかしてしまった。2億円とも言われる違約金を肩代わりし、彼の再スタートを可能な限りサポートしていた所属事務所の女性社長は当然のように、激怒していると言われていますね」(ワイドショー関係者)

 再起に向けて動き出し、ようやく希望が見えてきていた矢先に今回の報道があったという。

「広島県呉市のホテルに恋人を連れ込んだ東出さんですが、広島で撮影していた作品というのは、まだ製作が公表されていない、新規の映画の仕事だそうです。

 東出さんは10月8日に主演映画『草の響き』が公開。11月5日には『ボクたちはみんな大人になれなかった』、2022年1月14日には『コンフィデンスマンJP -英雄編-』の公開がそれぞれ控えていて、2022年には『峠 最後のサムライ』の公開も予定されています。

 また、公表されている作品以外にも2本の映画出演が決まっているといい、本格復帰に向けて一歩を踏み出せている、と言えそうな状況にありました。そんな中での新恋人を巡るヤラカシを東出さんはしてしまったわけです。

 もしかしたら今回、『TOKIOカケル』での映画『ボクたちはみんな大人になれなかった』の予告映像で東出さんの出演シーンがなかったのも、同伴愛報道の代償かもしれませんね……」(前同)

 東出には、まだまだ厳しい日々が続きそうだ。

関連リンク

  • 11/4 12:07
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます