【難読】“じょくい”ってなに?「辱い」の正しい読み方

拡大画像を見る

本や資料で見かけることがあるけれど、正しい読み方や意味が分からずスルーしてしまっている言葉ってありませんか?

社会人として、知らないまま恥をかくような場面には遭遇したくないですよね。

今回考えるのは「辱い」の読み方です。

“じょくい”って違和感があるけどなに? と思った方は、ぜひ答えをチェックしてみてくださいね。

■「辱い」の読み方は?

「辱」は、屈辱、雪辱と読むので、“じょく”という読み方は知っている人も多いですよね。

しかし、これに送り仮名の「い」をつけて、“じょくい”とはさすがに読みません。

気になる読み方の正解ですが……。これ、実は“かたじけない”と読みます。

■「辱い」の意味と使い方

『デジタル大辞泉』によれば、「辱い」の意味は以下のように解説されています。

かたじけな・い【×忝い/▽辱い】

[形][文]かたじけな・し[ク]

1 もったいない。恐れ多い。「―・いお言葉」

2 身に受けた恩恵などに対して、感謝の念でいっぱいであるさま。身にすぎて、ありがたい。「ご好意のほどまことに―・く存じます」

3 恥ずかしい。面目ない。

「百姓 (おほみたから) の念 (おも) へらくも恥づかし―・し」〈続紀宣命・五四詔〉

[派生]かたじけながる[動ラ五]かたじけなさ[名]

恐れ多い、ありがたいといった意味合いの言葉になります。

時代劇などで、「辱い」というセリフを言っている人を見たことはないでしょうか?

■読めない漢字はきっとまだまだたくさん

あなたは「辱い」を正しく読むことはできましたか?

きっと世の中には、あなたが知らない言葉、漢字がまだまだたくさんあります。「辱い」は、ひらがなや会話で使うことがほとんどなので、漢字を目にする機会はあまりないですよね。

なかなか読み方が想像できなかったかもしれませんが、「辱」の意外な読み方を知れましたね。

(ななしまもえ)

関連リンク

  • 11/4 11:10
  • マイナビウーマン

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます