嵐「2人ルール反故」4人集結の裏に「映画は絶対コケられない」!松本潤&櫻井翔「未来の言葉」と大野智「メッセージ」の乖離!!

拡大画像を見る

 嵐の櫻井翔(39)、相葉雅紀(38)、二宮和也(38)、松本潤(38)の4人が11月3日、この日、先行開始となったライブ映画『ARASHI Anniversary Tour 5×20 FILM “Record of Memories”』の初日舞台挨拶にサプライズで登壇した。

 2020年末のグループ活動休止後、4人がそろって公の場に登場するのは初めてとなった。

 11月3日は嵐のデビュー22周年記念日。上映後に4人が登場すると、観客からは驚きの声が上がり、涙を流すファンも少なくなかったという。

 相葉は「今日は幸せな楽しい時間を過ごせればと思っています」と、松本は「お久しぶりです。松本潤です。最近まで、なかなか公の場に出ることがなくて、なんだったらお三方と立っているのもちょっと緊張します」と心境を明かすと、櫻井が「リラックスしていいんだよ」とフォロー。二宮が「名前だけでも、覚えて帰ってください」とボケてみせると、松本が「貪欲だね、君は!」と突っ込みを入れるなど、見事な掛け合いを見せた。

 また、櫻井は「我々の誕生日に来てくださってありがとうございます。久々にみなさんの前で、我々としてもそわそわしていますけど」とコメント。

 芸能活動のいっさいをストップしている大野智(40)は登場しなかったものの、櫻井は「1週間前に大野さん含めて5人で飲みました」と明かした。5人が再会したのは2020年の大みそか以来だったといい、二宮は「生きてたんですよ、あの人」と会場の笑いを誘った。

■完全休止の大野智もメッセージも寄せて会場を盛り上げた

 松本は「今日、(映画で)大野くん見に来たって人? いますよね。朗報です。メッセージを預かっています」と明かし、櫻井が以下の大野からのメッセージを代読した。

 どうも~お久しぶりです! 1日中何もしないでソファで過ごす日とかあります。すいません。カレーは最近ではバターチキンカレー作ったりしてます。寝る時間は早い日で夜10時に寝て朝4時に起きたりします。でも元気に生きてますのでご安心を。あらためまして、大野智です。

 今回映画が公開されるということで、コメントを出させていただくにあたって何を言えばいいのか、正直約2年前の僕らなので、どうすればと考えましたが、今思い返してもあのときの5人はとにかくファンのみんなのことだけを考えてライブをしていたなぁという思いです。

 嵐の歴史には欠かせない堤監督をはじめ、この映画にかかわってくださったすべてのスタッフのみなさん、そして何よりすべてのファンのみなさんの思いがこもった映画になっているのでぜひ見ていただけたら嬉しい限りです!

 あのときのライブを今やれと言われたら、オープニングから30分ぐらいでヘトヘトになり、ステージから消えて家に帰りソファで寝ることになるでしょう(笑)

 全国での一般公開日が僕の誕生日で……41歳になります。当時39歳の僕も含め本気の僕らを楽しんでご覧いただければと思います!

 松本は「相変わらず楽しい時間でしたね」と5人での食事を振り返り、櫻井も「変わらず5人でわちゃわちゃやっていますので、ご安心ください」とファンに呼びかけた。

 また、相葉は「嵐の20年、“ここにあり”っていう映画になっております」と、松本は「11月3日というのは僕にとって意味のある日だと思っています。ファンの人たちに長く愛される作品になったと思います。これからも一緒に思い出を作れたらと思います」と、二宮は「ずっと思っていますけど、幸せ者だなって思っています」と語った。

 櫻井は「コロナ禍で失われたことを考えたときに、コンサートに行く前にチケットを取ったり、コンサート行ったあと、みんなで話したり、そういう前後の時間が失われちゃったなって思っています」とし、「この映画で、そのチケット取ったり、ライブ見たりってことを体感できるかなって思っています。会場でコンサートを見るということは、去年悔しいことにお届けできなかったので。今後とも、嵐をよろしくお願いします!」と結んだ。

■“嵐の看板”を傷つけないためにも「2人ルール」反故!?

 芸能プロ関係者が話す。

「グループの活動休止以降、大野を除いた4人、または3人がそろってしまうと彼の“不在”が際立ってしまう。そのため、2021年からは“嵐の共演は2人まで”という“2人ルール”を導入したと言われています。

 実際、これまで番組やCMなどでメンバー2人が共演することはあっても、3人以上そろうことはありませんでした。東京オリンピックも、櫻井と相葉の2人だけの稼働でしたよね。

 今回、大野以外の4人がそろって登壇したのはデビュー記念日だからというのもあるのでしょうが、それ以上に、“映画は絶対コケられない”ということがあるといいますね。特に、ジャニーズ上層部、嵐関連のスタッフにはそうした思いが強くあるそうです。

 櫻井の“この映画で、そのチケット取ったり、ライブ見たりってことを体感できる”というコメントは本当に秀逸で、ファンなら絶対に映画館で見たいと思ってしまうものです。嵐の看板に傷がついてしまいますから、やはり映画はコケるわけにはいかないんですよ」

 だからこそ、2人ルールを反故にしてでも4人がそろって映画をアピールし、話題作りに努めたということか。

「テレビ、新聞、ネットニュースは“4人集結”の話題一色になりましたから、宣伝効果は抜群、大成功でしたよね。

 しかし一方、今回、メンバーのグループ活動に対する考え方への乖離も感じられたと言えそうです。松本は“これからも一緒に思い出を作れたら”と、櫻井も“今後とも、嵐をよろしくお願いします”と前向きに“嵐の未来”を語りましたが、大野は完全にオフモード。自身と“嵐の過去”への言及のみでした。

 また文面からもうかがえますが、時間は有り余っているようですから舞台挨拶に登壇しようと思えばできたはず。しかし、大野が登場することはなかった。

 芸能活動を休止しているわけですから、当然と言えば当然ですが、ジャニーズサイドも大野に活動を強制するようなことはできない状況にあるそうです。復帰や、今回でも登壇を強制すれば、暴発的に“じゃあ辞めます”となりかねないと。そうなることを最も恐れているといいますね……」(前同)

 今回「2人ルール」が破られたことで、今後は特番などでも大野を除く「4人の嵐」がそろう場面も増えていくのだろうか……!?

関連リンク

  • 11/4 11:48
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます