太田光、選挙特番の“反省しきり”で際立つ田中裕二と妻・光代氏の存在感

拡大画像を見る

 爆笑問題の太田光が、11月2日深夜に放送された「爆笑問題カーボーイ」(TBSラジオ)に出演。10月31日放送の選挙特番「選挙の日2021 太田光と問う!私たちのミライ」で司会ぶりが“大炎上”を呼んだことについて、反省の弁を述べた。

 太田は選挙特番で、中継でつながった自民党の甘利明幹事長に「戦犯ですよね、これ。負けたら」「ご愁傷様でした」などと激しく口撃。二階俊博前幹事長にも「いつまで政治家続けるおつもりですか?」「死ぬまでやるつもりですか?」とまくしたて、「失礼だろ!」とブチ切れさせた。

「これにネット上では、自民党支持者や太田のアンチに加え、野党支持者、無党派層からも批判が殺到。《あの言い方はさすがにない》《言葉遣いも悪いしヤリすぎだった》《攻め方が気分悪い。ただ意地悪してるようにしか見えなかった》などといった声が上がっていました。太田は選挙特番が今回は初ということもあって、テンションが上がり過ぎた面もあったのでしょう。19年に放送された『FNS27時間テレビ』(フジテレビ系)でも大暴れしてその場にいた関根勤を激怒させていましたが、張り切り過ぎるとカラ回りするのがいつものパターン(笑)。選挙特番も『27時間』の時も相方の田中裕二が不在で、改めてブレーキ役の重要さを明確にしましたね」(エンタメ誌ライター)

 ラジオで太田は「本当にまいったよ。怒っているね、みんな日本中が。弱っちゃった」と反省しきりで、選挙特番後、意気揚々と帰宅すると、妻で事務所社長の光代氏に怒られたことも明かしていた。

「選挙特番について『もう一度私にチャンスをいただければ』と言うなり田中に『あるわけねえだろ!』とすかさずツッコまれていましたが、こうした田中と、“太田も頭が上がらない社長”の存在があってバランスがとれている。今回はその光代氏のツイッターにも批判が殺到するも丁重に応対しており、太田は2人のありがたみを改めて思い知らされているのでは」(前出・エンタメ誌ライター)

 とはいえ、太田にはまた“やらかし”を期待してしまう。

関連リンク

  • 11/4 11:50
  • アサ芸プラス

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

3

記事の無断転載を禁じます