LDACのハイレゾ音源再生とANCに対応する新フラッグシップモデル Ankerが完全ワイヤレスイヤホン「Soundcore Liberty 3 Pro」を発売

拡大画像を見る

アンカー・ジャパンは11月4日、オーディオブランド「Soundcore」から完全ワイヤレスイヤホン「Soundcore Liberty 3 Pro」を発売しました。LDACのハイレゾ音源の再生とアクティブノイズキャンセリング(ANC)機能に対応するフラッグシップモデル。価格は1万9800円(税込)で、Amazonでは初回3000個限定で20%のポイントを付与するセールを実施します。

高音質コーデックのLDACは、Bluetooth A2DPのSBC(328kbps、44.1kHz時)と比べて3倍の情報を伝送できるため、原音を忠実に再現可能。低音を表現するダイナミックドライバーと、高音域の滑らかな音を表現するバランスドアーマチュアドライバーをひとつのモジュールに統合して同軸上に配置する「A.C.A.A 2.0(同軸音響構造)」を搭載し、前モデルと比べて本体を小型化しながら、あらゆる音域でクリアな音色を実現しています。

Anker独自のANC技術「ウルトラノイズキャンセリング」を2.0にバージョンアップ。ANCの強度をアプリ上での手動切り替えではなく、外部環境を認識して自動切り替えが可能になりました。

専用アプリ「Soundcore」の機能を充実。イコライザー設定やイヤホン本体のタッチ操作のカスタマイズ、外音取り込み機能に加えて、聴覚テストによるバランス調整、耳の形を検出してノイズキャンセリング効果を高めるパーソナライズ機能を搭載しています。

通話時のノイズイダクションや同時に2台の機器と接続できるマルチポイントに対応。快適なリモートワークをサポートします。

本体カラーはミッドナイトブラック、クラウドホワイトをラインアップ。11月下旬にはアイスブルー、ライトパープルの販売開始を予定しています。

Soundcore Liberty 3 Pro仕様
通信方式:Bluetooth 5.2
重さ(充電ケース含):約59g
対応コーデック:SBC/AAC/LDAC
防水規格:IPX4
入力:5V=0.5A
充電時間:USB-C ケーブル充電時:約2時間/ワイヤレス充電時:約3.5時間
再生可能時間:
通常モード
最大8時間(イヤホン本体のみ)/最大32時間(充電ケース使用時)
ノイズキャンセリングモード使用時
最大6時間(イヤホン本体のみ)/最大24時間(充電ケース使用時)
※LDAC使用時は再生時間が上記よりも短くなります。
パッケージ内容:Soundcore Liberty 3 Pro、イヤーチップ(4種類)、イヤーウィング(4種類)、充電ケース、USB-C & USB-Aケーブル、クイックスタートガイド、安全マニュアル

関連リンク

  • 11/4 10:30
  • ガジェット通信

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます