アウトドア料理のプロ直伝! キャンプですぐできる「簡単キャンプ飯」5選

 コロナ禍をきっかけに再燃したものといえば、キャンプの人気です。密を避けられて、リフレッシュできるとあって、グループから一人(ソロ)まで幅広い層が楽しんでいるのはご存知の通り。

 キャンプで一番楽しいのが、やっぱり開放的な屋外で食べるキャンプ飯。ぶっちゃけカップラーメンですらアウトドアだと最高に美味しく感じられるものですが、キャンプに慣れてきたら、より美味しいキャンプ飯を楽しみたいところ。

 そこで今回は、料理初心者でもできる“簡単キャンプ飯”を、プロのアウトドア料理家のみなくちなほこさん(※)に教えてもらいました。キャンプをより深く楽しむための絶品アウトドア料理を5つご紹介します。

※みなくちなほこ……フードコーディネーターとして、スイーツからアウトドアまで、身近にある食材で作れる料理を幅広く紹介。各メディア、ワークショップなどで活躍。著書に、『THE BBQ BOOK プレミアムなアウトドアレシピ』(マリン企画)など料理の著書を多数出版

必要なのは、鍋とフライパンのみ!

 料理を作るとなると、調理道具や調味料が増えることを不安に思う人も多いと思います。しかしご安心あれ。今回、使用するのは鍋とフライパンのみ。どれもお手軽なのに映えて、美味しく、お酒とも合う料理ばかりです。それでは早速レシピを紹介しましょう!

揚げ焼きだからカンタン!「ちくわの磯部焼き」

 まずは居酒屋の定番メニュー、ちくわの磯部揚げならぬ、“磯部焼き”。キャンプで揚げ物は大変ですが、こちらは揚げ焼きで作るレシピ。そのため、少ない油で調理が可能です。さらに、出発前に仕込みを終わらせておくことで、現地では焼くだけでOK。お手軽で、かつお酒のおつまみとても超優秀です。

材料(1人分)

・ちくわ……4~5本
(A)
・天ぷら粉……大さじ2
・青のり……大さじ1/2
(B)
・水……大さじ2
・サラダ油……大さじ1

作り方

1.ちくわは1cmの斜め切りする。

2.出発前にチャック付きビニール袋に 1と(A)を入れて混ぜ合わせておく。

3.焼く直前に(B)を加えて混ぜる。

4.スキレットを熱してサラダ油を入れてよくなじませ、3を入れて揚げ焼きにする。

辛ラーメンで人気の韓国料理「プデチゲ」ができる!

 キャンパーの間で重宝される袋麺を使って、韓国の人気鍋「プデチゲ」がすぐ作れます。鍋の中に袋麺と食材を入れて煮込むだけなのに、その味は何十倍にも跳ね上がる絶品料理です。

 今回は人気の辛ラーメンを使用。インスタント麺のややジャンキーな味わいに、野菜の味が染み出し、そこにキムチの甘辛さとチーズのコクが合わさることで普段の袋麺が一級の料理に。「辛いけど旨い!」とついつい呟いてしまうこと請け合いの一品です。

材料(1人分)

・辛ラーメン……1袋
・ソーセージ……2本
・もやし……軽くひとつかみ
・白菜キムチ……大さじ2
・コチュジャン(なくてもOK)……小さじ1
・スライスチーズ……1枚

作り方

1.鍋(クッカー)に乾燥麺を割って入れ、袋の表示の量だけ水を注いで火にかける。

2.沸騰したら付属のスープとかやく、浅く切り込みを入れたソーセージともやし、コチュジャンを溶かして入れて表示通りの時間煮る。

3.白菜キムチとスライスチーズをトッピングする。

鍋キューブで作る「きのこの炊き込みごはん」

 キャンプで米料理はハードルが高い…と敬遠していた人にこそ試してもらいたいレシピがこちら。「きのこの炊き込みごはん」です。作り方は超簡単。鍋キューブとベーコン、きのこだけですぐできます。何しろ食材を入れて火にかけて待つだけ。重要なポイントは、“火にかけたら完成までフタを開けないこと”。開けてしまうと鍋内の温度が下がり、お米に硬さが残ってしまうのでご注意を。

材料(1人分)

・米(無洗米)……1合(180cc)
・水……200cc
・鍋キューブ(鶏だしうま塩)……1個
・ベーコン……1枚
・まいたけ(またはしめじ)……1/2パック
・しいたけ……1個

作り方

1.ベーコンは細切りに、まいたけは小房に分け、しいたけは薄切りにする。

2.クッカーに米と(1)を入れ、砕いた鍋キューブを入れてよく混ぜる。

3.蓋をして火にかけ、沸騰したら弱火で10分ほど加熱し、火からおろして10分蒸らす。

※火にかける時間は好みの硬さに合わせて調整ください。
※炊き上がってからバターを加えても美味しいです。

ホワイトソースが味の決め手!「BBQチーズフォンデュ」

 続いては定番キャンプ飯の一つ「チーズフォンデュ」のアレンジメニュー。BBQで焼いた肉や野菜、パンなどをディップしながらいただきます。ポイントはチーズに加え、ホワイトソースを入れること。これにより、チーズ特有の臭みが打ち消され、味の奥行きも出ます。今回は豊富に食材を揃えていますが、ディップする食材はなんでもOK。なので、自分の好きなものだけを使った自分流チーズフォンデュを楽しむのもアリです。

材料(1人分)

・ピザ用チーズ……1カップ
・ホワイトソース……2パック(140g)※「ハインツちょっとだけホワイトソース」が使いやすくておすすめ
・ブラックペッパー……適量
・好みの食材(ブロッコリー、にんじん、からあげくん、食パン)……各適量

作り方

1.スキレットにピザ用チーズとホワイトソースを入れて混ぜ、火にかける。

2.グツグツしてきてなめらかなチーズソースになったら、ブラックペッパーを振り、焼いた野菜などをつけながら食べる。

まるでクラムチャウダーのような「から揚げミルク鍋」

 最後は、これからの寒い季節にピッタリな鍋レシピです。牛乳と味噌を掛け合わせることで、ワンランク上の鍋に仕上がります。これ一つで、肉から野菜までバランスよく取れるのも嬉しいポイント。気になる味わいですが、味噌+牛乳で、まるでクラムチャウダーやクリームシチューのような洋風感が漂う鍋になります。

材料(1~2人分)

・カット野菜(大根、にんじん、白菜など)
・冷凍鶏のから揚げ……4こ
・細ねぎ(小口切り)……適量
・だし入りみそ汁(インスタント・生みそタイプ)……3杯分
・牛乳……200cc
・水……約300cc

作り方

1.大根と人参はピーラーで薄く縦長に削ぐ。

2.鍋にインスタントみそ汁(の素)と水(約300cc)を入れて煮立てる。

3.鶏のから揚げを加えて加熱し、溶けて煮えてきたら牛乳を加える。

4.沸騰直前になったら 1の野菜を加えて2~3分煮て、火が通ったら小口切りにした細ネギを散らす。

・・・・・

 今回紹介した料理は、ソロでもファミリーでも幅広く活用できるものばかり。ぜひ今年の秋~冬キャンプで作ってみてください。

(レシピ監修◎みなくちなほこ 文◎編集部)

画像をもっと見る

関連リンク

  • 11/4 10:51
  • 食楽web

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます