年収より内面重視!? withコロナ時代の「モテ男の条件」とは

拡大画像を見る

 コロナ禍の巣篭もり需要、あるいはコロナ疲れによる人肌恋しさなど様々な理由から、マッチングアプリを利用する人が増えた。

 今年9月、調査会社「MMDラボ」がスマホを持つ20~40代にアンケートを行なったところ、2170人のうちマッチングアプリで恋人を見つけたと答えた割合が42.6%に上った。

 また、メンズ美容の情報サイト「メンズタイムズ」が全国18〜35歳の独身女性に行ったアンケート調査では、恋人のいない女性1500人のうち約72%は恋人が「とても欲しい」「欲しい」「どちらかと言えば欲しい」と回答。いま、女性は出会いを求めているのだ。

 さらに、withコロナ時代の現在、デートでの感染予防対策がモテる男の必須条件となっているという。ネット婚活に詳しい恋愛コンサルタントが解説する。

「前出のメンズタイムズの調査では、たとえば約88%の女性が男性に対して『不織布マスクの装着』を理想と回答していることも明らかとなりました。デートなどでお店に設置された『アルコール消毒を行う』ことにも約91%が好印象を抱いており、『体温測定器での検温』も約80%が希望しています。また、約85%が家や宿など2人きりの空間では『手洗い』を求めており、『ワクチンの2回接種』も約58%の女性が希望しています。このご時世では、衛生面の気配りや感染予防対策も、恋愛相手に求められる要素といえます」

 一方で、男性読者の中には、感染予防対策をどれだけしたところで、どうせ年収や容姿などが重視されるのだろう…と半ば諦めている人もいるだろう。しかし、女性が男性に求めるニーズ自体も少し変わってきているという。

「同じく前出の調査では、コロナ禍で出会う男性の重視するところの1位は、体調への気遣いや相手への思いやりなど『優しさ』でした。コロナ禍で不安な女性たちは優しさを求めているのです。また、恋活・婚活マッチングアプリ『Pairs』を運営する『株式会社エウレカ』が、20〜30代の一般男女1000人を対象にコロナ禍の恋愛意識調査を実施したところ、半数近い人が相手を選ぶ基準に『変化があった』と回答。『共通の価値観や趣味・話題がある』が30.7%、『一緒にいて居心地が良い』が24.6%でした。提案型マッチングサービス『knew』を運営する『リブセンス』の調査でも、女性が男性に求めているのは、圧倒的に『誠実・真剣・将来性』という結果でした。このように、コロナをキッカケとして男性の〝内面〟が重視されるようになったのです」

 たとえ年収や容姿、年齢などに自信がなくとも、出会いのチャンスはいくらでもあるのだ。

(橋爪けいすけ)

関連リンク

  • 11/4 10:00
  • アサ芸Biz

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます