スギちゃんの「プチワイルド芸」にツッコめず「引退で正解」吐露した元芸人!

拡大画像を見る

 去る3月31日、コンビ結成22年間に幕を下ろして解散したお笑いコンビ・ザブングル(松尾陽介・加藤歩)。2007年の「M-1グランプリ」では決勝に進出して6位の成績を収めるなど、実力派コンビながら、「悔しいです!」と言ってクシャッと顔面を歪める加藤の顔芸などもお茶の間ではお馴染みだった。

 解散の理由は、松尾が、マーケティングやセカンドキャリア支援の会社を起業、芸能界引退を決意したことによるものだが、そんな松尾がMCとなり、「週刊プレイボーイ」のYouTubeチャンネル〈週刊プレイボーイ【公式】〉で、「対談コーナー」がスタートするようで、第1回目のゲストとして招かれたのは、お笑いタレントのスギちゃんだった(10月25日付け)。

 スギちゃんと言えば、お笑いピン芸人のコンテストである、2012年の「R-1ぐらんぷり」に初の決勝進出を果たして準優勝。「ワイルドだろ~?」の持ちネタがウケて一気にブレイクを果たしたが、今投稿回では、「セカンドキャリア」をテーマに、お酒や食事に箸を進めつつ、むしろ松尾の芸能界引退の真相を聞く側に回っており、衣装こそ見慣れた袖なしジージャンだったが、ワイルドキャラは、ほぼ封印の模様だった。

 ザブングルは、2014年の「闇営業問題」発覚により、19年には謹慎処分を受けている。そんなことも松尾にとって将来を見つめ直す転機となったようで、芸人・スギちゃんと言うよりも、インタビュアーと言った様相。

 それでも、食事中にメインの肴には手を付けず、実は、ショウガや大根おろしは早々に口にするといった「プチワイルド」を見せていたのだが、まったく気付かなかったツッコミ出身の松尾が「辞めて正解だ、オレ。こんなのも気付かないのはダメだ!」と自虐気味にスギちゃんの笑いを誘う一幕も見せた。

 世知辛い世の中。中年世代にとって「セカンドキャリア」は興味のあるところ。松尾、ならびに当コーナーの今後にも注目したい。

(ユーチューブライター・所ひで)

関連リンク

  • 11/4 9:58
  • アサ芸プラス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます