「適齢期を過ぎても結婚に踏み切れない男性」の共通点。高年収でも要注意

拡大画像を見る

―[結婚につながる恋のはじめ方]―

 みなさん、こんにちは。結婚につながる恋のコンサルタント山本早織です。
 
◆年末は1年で最も「婚活」が動く季節

 今年も残すところあと2か月となりました。ご自身の婚活を振り返るといかがでしたか? 1年前とまったく変わらない状態の人は今すぐ自分自身のやり方を変えることをおすすめします。

 なぜなら、クリスマス、年末年始を控えるこの季節というのは男女ともに「恋人がほしい」「結婚したい」という気持ちが高まるからです。

 実際、毎年12月は成婚率が高く、「年内に形にしたい」「クリスマスにプロポーズをしたい」と男女ともに前向きに動いています。

 そんな中、幸せになれるはずなのになぜかうまくいく直前でその幸せが壊れてしまう人がいます。今回は、結婚したいなら年収よりも、ルックスよりも必要となるものについてお伝えします。

◆自己肯定感が低いと結婚は難しい?

 男女ともに日本人は自己肯定感が低く、自分に自信がないという人はとても多いと言われています。

 これは学生時代にいいところを伸ばすのではなく、できないところを指摘して頑張らせる教育だったことが影響していると考えられ、自分のいいところではなく、ダメなところを探したり、できないことにフォーカスを当てたりするクセがあることとは無縁ではないようです。

 一方で、既婚者は幸福度とともに自己肯定感も高い傾向にあり、逆に独身の方は自己肯定感が低い傾向にあるというデータも出ています。

 ニワトリが先か卵が先かの議論と同様、自己肯定感が高いから結婚しているのか、結婚をしたから自己肯定感が高くなったのかは判断が難しいところですが、やはり自分に自信がある人のほうが婚活をしていても結婚へ進みやすいのは事実です。

◆婚活歴5年超の40歳男性が抱える苦悩

 サトルさん(仮名・40歳)は両親との関係があまり良好とはいえない家庭環境で育った男性。婚活は35歳から行っており、彼女はできるものの結婚まで進めないという悩みを持っていました。

「なぜ結婚まで進めないのか?」とサトルさんに聞いてみたところ、「付き合うときは結婚前提で考えるのですが、いざ相手が自分に気持ちが向き、結婚のプレッシャーを感じ始めると、急に結婚したいと思えなくなってしまい、相手からフラれるパターンもあるし、自分から別れを伝えるときもありました」とのこと。

 しかし、とても結婚したいという気持ちはあるようで、「40歳になりやっぱり子供がほしいという気持ちが強くなりました。次こそと思ってアプリなどをやっていましたが、ここ2年彼女もできなくなってしまい……」と苦悩を打ち明けてくれました。

◆結婚に対して自信が持てなかった理由

 そんな悩みから私がサポートしていくことになりました。結果からお伝えすると、サトルさんはその後も3回、真剣交際が破談になりました。

 お相手からとても前向きに結婚も視野に入れてお付き合いしたいと言われるのにもかかわらず、サトルさんが「もう少し考えたい……」と先延ばしにして破談になったり、「自分がいいなと思える人じゃない気がする」と関係性が進展してくる急にブレーキがかかってしまったりしていたのです。

 原因をサトルさんとともに探っていくと、両親との関係からくる「結婚」に対する彼の自信のなさが思い当たりました。

◆なぜ自己肯定感を上げることが簡単ではないのか?

 人は簡単に自信をつけること、自己肯定感をあげることはできません。サトルさんも同様で「自信をつけたい。自己肯定感をあげたい」と思えば思うほど自信がなくなるという負のサイクルに陥ってしまっていたのです。

「自己肯定感を上げたい」と思うということは、「自己肯定感がない」と自分で認めていることと同等なのでさらに自信がなくなってしまいます。

 そこで、私は「自信」ではなく、「他信」の力を使うことをアドバイスしました。

◆周囲との信頼関係を自身につなげる方法

 サトルさんが信頼する誰かを強く信じ、その人のために、その人を信じる気持ちをエネルギーにするという方法です。サトルさんには職場に信頼する同僚がおり、その人が彼の婚活をとても応援してくれていました。

 彼の気持ちを信じることを婚活に生かし始めた際、今までとは違ったサトルさんの言動が出てきたのです。

 今の奥さまと出会った直後にはその同僚から「この女性を逃したらダメだと思う」と言われ、結果的に結婚の背中を押したのは信頼する同僚のアドバイスとなりました。

◆「自分を信じてくれている他人」を信じる

「自分が幸せになっていいんだと、やっと思えたような気がします」とサトルさんは振り返ります。無意識に自分の幸せに自分で許可できていなかったことにも気がつきましたが、そのブレーキを認識できたことで、トントン拍子に成婚まで進むことができました。

 自分を否定してしまう、自信がないという状態をなかなか脱せない方は、自分を信じてくれている他人を信じることで前に進む勇気に得ることができます。

 そして、最終的には結婚相手こそ大きな自信を与えてくれる存在になるのかもしれません。ぜひ自己肯定感が低いと悩んでいる方は、他人からの信頼を自信につなげる方法を意識していただければと思います。

―[結婚につながる恋のはじめ方]―

【山本早織】
1985年、東京生まれ。アイドル、銀座のホステスなどを経て、現在は恋愛コンサルタントとして結婚したい男女に向けて情報や出会いの場を提供する。メルマガ「結婚につながる恋のコンサルタント山本早織があなたの恋のお悩み解決し、最高の結婚生活の作り方も教えます」が配信中。公式ホームページ「結婚につながる恋のコンサルタント 山本早織」(Twitterアカウント:@yamamotosaori_)

関連リンク

  • 11/4 8:54
  • 日刊SPA!

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます