ラーメンライター井手隊長の美味しかったラーメン月間ベスト5(2021年10月)

拡大画像を見る

全国のラーメンを食べ歩くラーメンミュージシャン、井手隊長です。今回は私が10月に食べたラーメンの中で美味しかったラーメンベスト5をお届けします! 殿堂入りのお店は除外させていただき、初めて訪れたお店に限らせていただきました。美味しいお店探しの参考にしていただければと思います。それでは発表します!

第5位:中華そば まるせい(福井)

福井の老舗の名店。住宅街の中にあるが、店の前の駐車場はパンパンで大人気。

「中華そば」を注文。具はチャーシュー、メンマ、ネギ。麺は中ストレート。スープは鶏ガラ主体でじわじわの旨味が溢れてくる。いわゆるオールドスタイルで本当に美味しい。ネギのシャキシャキ感とメンマのコリコリ感が食感のアクセント。チャーシューは分厚く、ずっしりとした肉感。

何度食べても飽きない、流行るのがわかる名店。

第4位:麺響 万蕾(みのり台)

2019年12月オープン。藤沢の“RAMEN渦雷”出身。

注文は「全乗白醤油らーめん」。具は豚チャーシュー、鶏チャーシュー、味玉、メンマ、青ネギ。麺は細めストレート。スープは4種類の煮干しにシジミ、アサリの貝ダシ。貝の旨味をしっかり感じながら煮干し感もいい感じ。それを白醤油がまろやかにまとめていて、悶絶の旨さ。

今流行りの貝を前面に押し出した貝ダシとはまた違い、複合的な旨味でオリジナリティを出していて、素晴らしい一杯にまとまっている。

第3位:自然派らーめん 神楽(金沢)

 
金沢にあるミシュランガイド掲載の超人気店。2000年オープン。無添加の最高峰を目指して作ったという“自然派らーめん”のお店。

「特製醤油」をいただく。具はチャーシュー、ワンタン、味玉、青菜、ノリ、メンマ、ネギ。麺は中太縮れの自家製麺。利尻昆布、数種の煮干し、カツオ節、干し貝柱、能登産鶏、野菜など15種類の素材を合わせて作った極上スープ。複合的な旨味で、口の中でじわじわといろんな味が広がってくる。一口で唸る美味しさだ。鶏や魚介の様々な旨みを一杯で感じることができる。

自家製麺も最高。麺を啜るとスープの中で小麦の香りが抜けてくる感覚。「麺が旨い」というのを確信できる美味しさ。

具はチャーシューのしっとり感が最高。少し香ばしい香りが乗っていて、噛んだ時に柔らかさとずっしり感が共存している。これも凄い。

隅から隅まで唸ってしまう一杯。名店。

第2位:下頭橋ラーメン(上板橋・ときわ台)

 
環七背脂ラーメンの伝説の店“土佐っ子”の流れを汲む貴重なお店。

「ラーメン」を注文。具はチャーシュー、メンマ、ネギ、ゆで卵。麺は細めのつるや製麺製。上には背脂チャッチャ。上質な背脂のみを使っていて、この甘さは唯一無二。本当に甘くて美味しい。

下に沈んだタレを混ぜながらいただく。背脂特有の腹にもたれる感じが全くなく、スルスルと食べられる。激ウマ。切り立てのチャーシューも旨い。

他を寄せ付けない貫禄の美味しさ。歴史は確実に続いている。

第1位:ラーメン 三浦家(金町)

横浜家系ラーメンの大注目の新店。新中野“武蔵家”総大将の三浦氏が地元で凱旋出店。

注文は「上ラーメン」サービスライスが無料。

具はチャーシュー、コロチャー、ノリ5枚、ほうれん草、味玉、ネギ。麺は太め平打ちの酒井製麺製。

豚骨の厚みと醤油感、鶏油のバランスがベストオブベスト。凄まじく旨い。かなりハイレベルなところでバランスを取っていて、これは凄い一杯だ。スモーキーなチャーシューも最高。

ライスにはカッパ漬けをたっぷり乗せて、一味の醤油漬けを少し乗せ、スープをかけてノリを巻いていただく。至福。

数ある横浜家系ラーメン店の中でもトップレベルの旨さだ。

(執筆者: 井手隊長)

関連リンク

  • 11/4 7:30
  • ガジェット通信

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます