次のデートで即実行!男性を【ドキッ】とさせる女性の習慣♡

拡大画像を見る


「好きだよ」といった愛情表現も大事だけれど、デート中にもっと大事なのは無意識レベルの些細な習慣です。
みなさんにも次のデートからぜひ試していただきたいものを3つご紹介します。


写真を撮るときには、彼も一緒に

SNS用などにデート中の写真を撮る人も多いですが、そのときにサクッと彼を喜ばせられる方法があります。それは、必ず1枚、彼を画角に入れた写真を撮ってあげることです。
彼の存在を無視して「風景だけ」「料理だけ」の写真を撮ると、なんだか彼は「俺のこと無視で"映え"狙いかよ......」とさみしい気持ちになってしまいますが、こうやって1枚でも「俺入り」の写真を撮ってもらえると、写真を撮るたびに彼に小さく「好き♡」と伝えられるので、彼もあなたが写真を撮る瞬間を好きと思えるようになります。
写真好きな女性にぜひ取り入れてもらいたい習慣です。


会話に詰まったときに、スマホを「見ない」

デート中に二人で話していて、ふと「何話せばいいのかわかんない......」となったときに、無意識にスマホに「逃げ」てしまう人がいます。気まずさを紛らわすための行動ですから仕方ない面もあるものの、やっぱりこれをやってしまうと「会話が面白くない」と思ってる感が出てしまいますので、最善手とは言えません。
会話に詰まったときにスマホを見るくらいなら、二人の間に沈黙が流れてもいいので、彼のことを見つめてあげる方がはるかに良いです。そうすればあとは彼が「どうしたの?見つめてるけど(笑)」みたいに自然に沈黙を破ってくれるはずですから、不安がらなくても問題ないし、スマホを見るよりは彼を見つめた方が、絶対にドキッとしてもらえます。


ボディタッチというか、触れる

「ボディタッチ」というとハードルが高く感じるけど、シンプルに「彼に触れる」機会を増やすようにすると、シンプルで簡単です。
たとえば、「ねえねえ」と呼びかけるときに彼の肩に手で触れたり、「ありがとうね」と言うときに彼の手を少し握ったり、「バイバイ」を言って手を振りながら自分の手のひらを彼の手のひらと合わせたり、ですね。
セクシー狙いのボディタッチは勇気が要りますが、こうやって「手で触れる」だけなら自然かつたくさんできるのでおすすめです。


まとめ

あなたもデート中の「無意識習慣」を改革して、呼吸をするように自然に彼をドキッとさせてあげましょう。(遣水あかり/ライター)(ハウコレ編集部)

関連リンク

  • 11/4 7:31
  • ハウコレ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます