「世界は無視」小栗旬『日本沈没』よりもアツい!撮影中は「筋トレ三昧」市原隼人の「最高傑作」!!連ドラ『おいしい給食』が「面白すぎる」!

拡大画像を見る

 2021年10月クールのドラマも出揃う中、ひときわ好調ぶりが目立っているのが小栗旬(38)が主演を務める『日本沈没ー希望のひとー』(TBS系)だろう。

 小松左京さんの小説を原作にした同作は1974年に続いて2度目のテレビドラマ化。ストーリーも現代に合わせて、新しく生まれ変わった今作は、10月10日の初回放送で平均世帯視聴率15.8%、続く2話と3話でもそれぞれ15.7%の高視聴率を記録している。

「『日本沈没』は、作品の内容もさることながら、地上波放送と連動して『Netflix』で全世界に配信されるという新しい試みにも注目が集まりました。『ゴジラvsコング』でハリウッドデビューもしている小栗の主演作ですから、世界的な注目を集めてもおかしくはないのですが、どうやらそうはいかなかったようです」(女性誌記者)

 11月2日発売の『週刊女性』(主婦と生活社)によると、『日本沈没』は海外の映像作品評価サイト『IMDb』で2573位に位置しており、とても注目が集まっているとは言い難い状況だという。

「『日本沈没』が盛り上がっているのは日本だけ。世界から無視されてしまっている感じのようです。日本では圧倒的に見られている作品なのに、世界では全く相手にされない。日本人しか分からないような話、文脈も出てくるため、世界の人たちは興味を持ちにくいのかもしれませんが、厳しい結果ですよね」(前同)

■『日本沈没』の国内“一強”に待った!?面白過ぎる「給食ドラマ」

 海外からは“無視”されているものの、国内では“一強状態”にあると言えそうな『日本沈没ー希望のひとー』だが、その独走状態に“待った”をかけるかもしれない作品があるという。芸能プロ関係者は話す。

「市原隼人さん(34)主演の『おいしい給食 season2』(テレビ神奈川、TOKYO MX、BS12トゥエルビほか)が今、めちゃくちゃ面白いと評判になっているんです。

『日本沈没』とは違い、キー局ではなくBSや独立UHF局での放送なので数字こそ出ないものの、作品の評判は上々。コラムニストの吉田潮さんも10月29日付の『PRESIDENT Online』で、“市原隼人の代表作にしてもいい”とまで言うほど絶賛しています」

 題名を聞いたこともないという人もいるであろう『おいしい給食』だが、アツい人気を集めているようだ。

 市原演じる主人公、給食を異常なまで愛する教師・甘利田幸男が、『痛快TV スカッとジャパン』(フジテレビ系)などにも出演する佐藤大志(15)演じる給食マニアの生徒・神野ゴウと“給食のおいしい食べ方バトル”を繰り広げるという同ドラマ。

 2019年10月期に1期が放送されると人気を博し、2020年3月には『劇場版 おいしい給食 Final Battle』と題して映画化。そして10月13日からドラマ2期の放送が始まり、2022年にも劇場版第2弾が公開される予定となっている。

「市原さんが演じる甘利田は普段は、『3年B組金八先生』(TBS系)で森田順平さん(67)が好演した乾友彦のように生真面目で堅物な教師です。しかし、心より愛する給食の時間になると、別人のようにコミカルな動きを見せるんです。

 また、市原さんは給食を食べているときのセリフはなく、彼が語るナレーションが流れます。普段の市原さんイメージとは全く違ったマシンガンのようなテンポでの軽妙な語り口が、映像のコミカルな動きと絶妙にマッチングして、大笑いを誘います。

 甘利田が食べ終わってから観察する、神野の食べ方に驚くシーンも毎回笑わせてくれますし、給食のシーンは非常に中毒性が高い。この給食シーンを見ると、市原さんはこんなに面白い俳優だったんだと驚かされますし、“彼の最高傑作”という評価が上がるのも頷けるほど、抜群に面白い作品になっています」(前同)

■台本を読む足元には鉄アレイとダンベルが……

 市原は、その硬派なイメージとは真逆のコミカルな演技を『おいしい給食』では見せているのだが、ドラマの撮影現場では、また別の衝撃一面が目撃されている。

「『おいしい給食』で市原さんが演じる甘利田役は、体育教師ではありませんし、マッチョである必要がありません。しかし、現場での市原さんは台本読みをしているときも足元に鉄アレイとダンベルをそれぞれ2本ずつ置いていて、筋トレに余念がないんですよ」(ドラマ制作会社関係者)

 撮影の合間は筋トレ三昧という市原なのだが、彼は同様に筋骨隆々なシンガーソングライター・長渕剛(65)を尊敬していて、カメラマンを務めていることも公言している。

 市原は、2020年6月19日に自身のインスタグラムで、長渕をトレーナーにつけてトレーニングを行なったことも報告している。

「長渕さんはミュージシャンとは思えないほど鍛えまくっていますよね。市原さんはそんな長渕さんを師事しているのですから、いつでもどこでも筋トレに余念がないのでしょう。

 作中で市原さんは半袖のYシャツを着用していますから、ムキムキの腕が露出しています。役柄には筋肉は必要ないとはいえ、ドラマで腕が露出している以上は最高のものを見せたいと、現場でもトレーニングをして筋肉のコンディションを整えているのかもしれませんね」(前出の芸能プロ関係者)

 筋肉にも演技にもストイックな市原が、全力でコミカルな演技を見せる『おいしい給食』は現在、アマゾンプライムビデオなどでも視聴ができるようになっている。世界に受けるのは、もしかすると『日本沈没』より『おいしい給食』だったりして!?

関連リンク

  • 11/4 7:00
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます