リヴァプールが決勝T進出! 前半2発でアトレティコ下す…南野は78分から出場

拡大画像を見る

 チャンピオンズリーグ(CL)・グループB第4節が3日に行われ、リヴァプール(イングランド)とアトレティコ・マドリード(スペイン)が対戦した。

 リヴァプールは13分、トレント・アレクサンダー・アーノルドが右からファーに完璧なクロスを供給。最後はノーマークであったディオゴ・ジョッタが近くからシュートを決めホームチームが先制した。

 さらに21分、再びアレクサンダー・アーノルドからチャンスが生まれる。アレクサンダー・アーノルドが右サイドから切り込むと、スルーパスに反応したのはサディオ・マネで、相手GKを交わしてシュートを決め、点差を突き放した。

 すると36分、アトレティコはフェリペが退場し数的不利での戦いを余儀なくされる。

 さらにリヴァプールは42分、サラーが相手DFを交わしてシュートを放つがGKヤン・オブラクがこれをセーブ。コスタス・ツィミカスもその後ゴールを狙うが、再びオブラクの壁が立ちはだかる。

 2点ビハインドのアトレティコは57分、ルイス・スアレスのシュートがゴールネットを揺らす。しかしVARの結果、その直前の接触プレーでゴールは取り消された。

 続く74分、アトレティコ・マドリードはカウンターを仕掛けると、最後はエクトル・エレーラが右サイドから逆サイドネットを狙ったシュート。しかしボールはわずかに左に外れ反撃の狼煙を挙げることができない。

 リヴァプールは78分、アレックス・オックスレイド・チェンバレンに代わって南野拓実を投入。しかしそのままスコアは動かず、試合終了のホイッスル。リヴァプールが2-0で完封勝利し、4戦全勝で堂々の決勝トーナメント進出を決めた。対するアトレティコは勝ち点4で3位につけている。

【スコア】
リヴァプール 2-0 アトレティコ・マドリード

【得点者】
1-0 13分 ディオゴ・ジョッタ(リヴァプール)
2-0 21分 サディオ・マネ(リヴァプール)

関連リンク

  • 11/4 6:57
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます