佐藤健ドラマで「20キロ減」、NHK大河で「25キロ増」過酷役作りの鈴木亮平も!役で“顔面激変”「カメレオンイケメン俳優」トップ3【ランキング】

拡大画像を見る

 現在放送中の綾野剛主演ドラマ『アバランチ』(フジテレビ系)に福士蒼汰が出演しているが、ドラマ放送前に番宣で出演した『めざまし8』(フジテレビ系)で福士は、最近バラエティなどに出ると「顔が変わった」と言われると告白。福士は多忙なドラマ撮影中だが、眠れないときは眠らないという自分ルールを作っており、ドラマで演じている役が疲れた雰囲気のため、眠れず疲れた状態も役作りの一つにしていると説明。そのやつれた感じの福士を見た視聴者が、ネットで「イケメンはイケメンだけど福士蒼汰くんの顔ちょっと変わった?」と話題にしていたようだ。これまで爽やかイケメン役が多かった福士だが、今回のドラマではちょっとうだつの上がらない警察官役を演じている。

 福士のように、俳優は役作りのためにあらゆる努力をしている。役によって驚くような変身を遂げる人も多い。そこで今回は10~30代の女性100人に「顔面も激変するカメレオン俳優」について聞いてみた。

 第3位(8.0%)は、綾野剛。

 ドラマ『アバランチ』(フジテレビ系)で主演を務めている綾野。謎のアウトロー集団“アバランチ”のリーダー格で、破天荒なキャラを演じている。綾野は、2015年放送の主演ドラマ『コウノドリ』(TBS系)シリーズでは、心優しい産科医役を好演した一方、2016年公開の主演映画『日本で一番悪い奴ら』では、完全なワル顔で違法行為に手を染めていく悪徳刑事役熱演、2020年放送の星野源とのダブル主演ドラマ『MIU404』(TBS系)ではひょうひょうとした刑事役など、役によって変幻自在にキャラを変えている。

■女装男子からコミカルな顔芸までこなすイケメン

 綾野を選んだ人からは、「悪役だと悪役顔に、恋人役だと甘い顔になるのが不思議です」(31歳/女性/主婦)、「『コウノドリ』の優しいお医者さんから、『恋はDeepに』のちょっと嫌なやつなど、優しい役からクールな役まで幅広くこなしてる」(29歳/女性/総務・人事・事務)、「『MIU404』のときの演技がすごかった。演技の幅が広いと思った」(35歳/女性)、「いかつい役ではとても顔つきが変わる。映画『亜人』の鬼気迫る演技に鳥肌が立った」(26歳/女性/総務・人事・事務)などの理由が挙がった。

 第2位(15.0%)は、菅田将暉。

 2020年1月には、月9ドラマ『ミステリと言う勿れ』(フジテレビ系)で、アフロヘアがトレードマークの主人公を演じる菅田。2014年公開ののん(当時は能年玲奈)主演映画『海月姫』では、ダイエットや骨盤矯正も行い、女装をする美男子を演じ、2017年公開の学園コメディ映画『帝一の國』や、『銀魂』シリーズでは、全力の顔芸を交えたコミカルな役を熱演。2019年放送の主演ドラマ『3年A組-今から皆さんは、人質です-』(日本テレビ系)では、鬼気迫る教師で注目を集めた。

 これまでに様々な役を演じている菅田には「毎回、見るたびに印象が変わって別人のよう。印象がまったく違う」(33歳/女性/総務・人事・事務)、「『溺れるナイフ』と『銀魂』での役の差がすごかった」(25歳/女性/医師)、「陽気なキャラからシリアスな役まで幅広く演じられる。上手なので安心して見てられる」(29歳/女性/主婦)、「『MIU404』でサイコパスな黒幕役を演じていたが、映画『浅田家!』では気弱だけど友達思いの優しい青年役で、ガラリと印象が変わった」(30歳/女性/医師)、「演じる役によって髪型や顔つき変ええ、さまざま作品で幅広い演技を見せている。auのCMの鬼ちゃんのキャラとビジュアルも印象的」(32歳/女性/学生・フリーター)など、具体的な出演作も挙がった。

■20~25キロの増減でまるで別人に

 そして第1位(19.0%)は、鈴木亮平。

 9月に最終回を迎えた主演ドラマ『TOKYO MER~走る緊急救命室~』(TBS系)では、爽やかで心優しく使命感に燃える救急救命医役を演じた鈴木。2015年放送の佐藤健ドラマ『天皇の料理版』(TBS系)では、佐藤の病弱な兄を演じるため、20キロ減量。2018年放送の主演NHK大河ドラマ『西郷どん』で西郷隆盛を演じるために体重を100キロまで増量するなど、鈴木は演じる役によって俳優仲間も驚くほどの役作りをすることで知られている。

 そんな鈴木には、「役作りのために痩せたり、太ったりしている。顔つきから体格、印象まで役ごとに違う。最近だと西郷どんが印象的だった」(19歳/女性/学生・フリーター)、「『俺物語!!』ではゴリラみたいだったけど、撮影が終わってすぐに違う役でかなり痩せていた。変態仮面とかの面白い役も、かっこいいもこなせるところ」(21歳/女性/総務・人事・事務)、「俺物語で増量して顔が変わってたのが印象的だった」(18歳/女性/その他)など、役作りにおける体重変化を挙げる人が多数。他には、「主役悪役なんでもこなすし、役に応じて体型まで変わるのがすごい」(38歳/女性/デザイン関係)、「どの役も全然違うキャラ」(39歳/女性/主婦)、「すごく悪い怖い役も、すごく優しい役もできる。テセウスの船というドラマのお父さん役がよかった」(25歳/女性/主婦)など、自由自在に見た目まで変えてしまう能力を挙げる人がほとんどだった。

 トップ3は、誰もが納得の3人がランクイン。これからどんな役を演じてくれるのかにも注目だ。

関連リンク

  • 11/4 6:30
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます