嵐 “再集結”活動休止後初4人登場!ライブ映画の舞台挨拶 大野もメッセージ寄せた

拡大画像を見る

 国民的グループ・嵐の櫻井翔(39)、相葉雅紀(38)、二宮和也(38)、松本潤(38)が3日、都内で行われた映画「ARASHI Anniversary Tour 5×20 FILM “Record of Memories”」の先行初日舞台あいさつにサプライズ登場した。4人で公の場に現れるのは、昨年末でのグループ活動休止後初めて。トークでは1週間前、活動休止中のリーダー・大野智(40)も含む5人で食事した秘話が明かされ、大野からは手紙でメッセージが寄せられた。

 ヒット曲「感謝カンゲキ雨嵐」のイントロに乗せて劇場の扉が開くと、笑顔の4人が現れた。悲鳴にも似た歓声が思わず漏れるなど客席は騒然。“生嵐”のサプライズに涙ぐむファンが続出した。

 デビュー22周年を迎えたこの日、映画がドルビーシネマで先行公開(全国公開は26日)。記念日を飾るべく、グループ活動休止以降初めて4人で公の場に登壇した。嵐として有観客イベントに登場するのも、2019~20年にかけて行われた「ジャニーズカウントダウン 2019-2020」以来、約2年ぶり。久々にファンの熱視線を浴び、松本は「お久しぶりです!お三方(櫻井、二宮、相葉)と立ってるのも若干、緊張してる」と照れくさそうに笑った。

 トークセッションでは、“ブランク”をみじんも感じさせない、嵐らしいわちゃわちゃ感が全開。4人で20分以上もしゃべり倒し、相葉が「延長きかないんですか?」とリクエストするほど大盛り上がりだった。その中で、櫻井が「1週間前に、大野さん含めて5人で飲みました」と秘話を披露。全員そろって再会したのは昨年大みそか以来だったといい、二宮は「生きてたんですよ、あの人」と笑いを誘った。

 そして、リーダーから託された手紙を、櫻井が代読した。

 「どうも~お久しぶりです!1日中何もしないでソファで過ごす日とかあります」、「寝る時間は早い日で夜10時に寝て朝4時に起きたりします。でも元気に生きてますのでご安心を」と近況報告。

 映画を撮影した2年前を振り返って「あの時の5人はとにかくファンのみんなのことだけを考えてライブをしていたなぁー」、「あの時のライブを今やれと言われたら、オープニングから30分ぐらいでヘトヘトになり、ステージから消えて家に帰りソファで寝ることになるでしょう(笑)」などとつづられ、ファンを安どさせた。

 写真撮影ではリーダーの場所を確保し、相葉が“エア大野”と肩を組んだ。いつだって、“5人で嵐”だ。

 ◆嵐の初ライブ映画 デビュー20周年ツアー「ARASHI Anniversary Tour 5×20」期間中の2019年12月23日、東京ドームで「シューティングライブ」を行い、余すところなく記録した。計125台のカメラを投入し、嵐が5人だから見られた景色を多角的に収録。ライブ演出を務めてきた松本のこだわりもふんだんに詰め込まれ、エンドロールには「Directed by 松本潤」とクレジットされた。

 全国公開は26日で、台湾、香港、マレーシアなど世界6地域で劇場公開されることも決定。櫻井は「マレーシアとかコンサートで足を運んだことがないのに、僕らを知ってくれている。うれしいよね」と喜んだ。

関連リンク

  • 11/4 5:59
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます