江口のりこ“衛”、赤楚衛二“優”を社員として採用する

拡大画像を見る

江口のりこが主演を務める木曜劇場『SUPER RICH』(フジテレビ系、毎週木曜22:00~)の第4話が、11月4日に放送される。

幸せのカタチ=“スーパーリッチ”を追い求めるキャリアウーマン・氷河衛(江口)の、ジェットコースターのような波瀾万丈な半生を描く完全オリジナル作品で、仕事にプライベートにと、苦悩を抱えながらも日々をひたむきに生きるアラフォー女性のリアルな心情を描く。

先週放送された第3話では、春野優(赤楚衛二)に嫉妬を爆発させる宮村空(町田啓太)の可愛さに注目が集まった。ネット上では「嫉妬が可愛い​​​​」「不憫な感じがたまらない」「嫉妬もっとちょーだい」との声が。また衛と優がずぶぬれになるシーンにも「コントかと思った」「振り切っててよかった」「水ドバーッでビックリ」などのコメントが寄せられた。

<第4話あらすじ>
氷河衛(江口)は春野優(赤楚)を「スリースターブックス」の社員として採用することに。そんな中、一ノ瀬亮(戸次重幸)が逮捕されたと連絡が入る。衛、宮村空(町田)、今吉零子(中村ゆり)ら役員が集まり、亮を相手に民事裁判を起こそうと協議するが、優は蚊帳の外。優は仕方なく、田中リリカ(志田未来)たちインターンとラーメン屋に集う。優は自分たちも何か出来ないかと提案するが、リリカに見守ることしか出来ないと言われてしまう。

衛は亮の面会に行くが、亮に民事裁判のことを伝えられずにいた。そんな衛に東海林達也(矢本悠馬)は、新しいオフィスになったのに何も変わらない、亮に甘えてばかりの衛に期待した自分がバカみたいだと告げる。

その後の役員会議で、衛が新たな会社の目標として月5千万円の売り上げを掲げると、空は新しい企画への参画を提案する。それは、飲料メーカーのペットボトルのラベルに漫画を掲載するというもの。興味を示した衛は、早速、空とコンペの説明会に参加するが、会場で空は急に顔色を変え、席を外してしまい……。

関連リンク

  • 11/4 6:00
  • テレビドガッチ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます